いつのまにか秋は深まリ、肌寒くなってきた。日中はお陽さまがあたって暖かいが、植物たちの生長は勢いがさっぱりなくなっている。そろそろ冬に入る準備をしていかなければ・・・。

ベランダは、今年のテーマのはずの”きれいに飾る”はどこへやら、またまたどうしたらいいかわからない状態に突入している。

あまりにもどうしたらいいかわからないし、HPの内容にも詰まり気味なので、ここでベランダにあるものを紹介してみよう。

と、もうすぐ冬だという話をしているのになんですが、今うちのベランダの特等席で満開になっているのは、ペチュニア
8月末に切り戻したのが、今が花盛り。これのおかげでチューリップとパンジーを植え付けるプランターが足りなくなった。

   


インパチェンス

最後に咲いた仲良し姉妹
 お陽さまがきれいにあたってまどろみのなか


かげろう草&シルバーレース

銀葉が集まり始めています。
上手に活かせるようになりたいもの。


パープルセージ

1年半かけてようやく生き生きしてきたところ
新葉の紫具合がいい。


レースラベンダー

レースラベンダーの中でもすごい華奢なタイプ
花がいっぱい咲いてるのに、
しょぼしょぼした雰囲気がちょっと悲しい。