この冬はいつになく雪が降る日が多かった。

 このところの仙台は、冬といってもパンジーやビオラが咲きつづけ、子どもの頃のように花どころか緑だってほとんどないという厳しさはなくなっている。
 これは地球温暖化現象のひとつだと思っているが、植物自体も品種改良など進み、寒さに強いものが生まれているのだろう。

 でも植物は冬の寒さに耐えてこそ、春に力強く芽吹くのだ。
 必ずやってくる春が、何にも変えがたいくらいの喜びになる。

  

    

  


エリカ



サンタさん


ビオラ ブルーブロッチ
ガーデンシクラメン


かげろう草

クリスマス寄せ植え

今年のクリスマス寄せ植えのテーマ色は白。
かげろう草(銀葉)が粉雪が積もっている感じで気に入ってます。
ヒイラギは去年のだから、枝がちょっと暴れ気味。ブルー(紫)のビオラがポイントです。


姫ヒイラギ

 

  

    

    

初春の寄せ植え

スイセン、ミニ葉ボタン。
うっすらクリーム色のアリッサム。
ビオラ2色(レモンシフォン、ブラックジャック)、
ピンクのプリムラ・マラコイデスたち。

   

  

  

  

春を待ちわびて

     ムスカリ(左)        ミニチューリップ(中)      クロッカスとリナリア(右)

  

  

  

スノードロップ

雪に埋もれつつひっそりと咲く。
そんなイメージがあるスノードロップ。
でも、ベランダでは雪が積もらないことに気がついた。
いつかそういう背景で写真を撮ってみたいな。