まだ肌寒いけど、春は春。花たちはめきめきと成長している。

 昨年の秋に描いた春のプランが現実になる時だ。
 プランはあくまでプランであり、わたしは仕上がりのいいイメージを描く癖があるので、3割ぐらい差し引いて考えれば、今年はまあまあの出来といえる。

 春のはじめにかわいく咲くはずだったスノードロップがたったの1個しか咲かなかったことや、楽しみにしてたバルボコジュームが葉っぱだけで終わったしまったことは、もういいことにする。

 昨年はプランターにチューリップとパンジーを一緒に植えて、チューリップの成績がすごく悪かったので、今年はチューリップとパンジーは別のプランターにしたんだけど、これは良い選択だったみたい。咲くまで心配だったけど、チューリップの成績が今年はいい。

 しかし。
 咲く時期は見事にずれた。いろんな種類がそろっていっぱい咲くというのは難しい物があるのかも。というか、ほんとに1種類ずつ順番に咲かせて、わたしをゆっくり楽しませてくれてるのかもしれない。

 それに、今となってはどうしてそうしたのかわからないが、同じプランターにプリシマとアプリコットビューティーを入れたのは失敗だった。 草丈が10〜15p違うのを、あのときは何とも思わなかったらしい。 花の色だけで考えちゃうんだよね。


 

 

 

パンジーとビオラ

種から育てたの

ナチュレ・ローズ

レモンエロー

F1ウインク・
パープル&ホワイト

色は地味だけど、花の大きさは3〜4pでかわいらしくいっぱい咲いてくれた。

発芽率が悪かった上に乾かして半分だめにしたり、黒ポットを蹴飛ばしてしまったりして結局2〜3株しか育たなかった。プランターには購入苗も入っている。

一番花を見てきっちり白と紫に分かれているのを選んでプランターに植えた。カタログではあんなにかわいかったのに、実物はちょっと違った。

苗を購入したの

ブラックジャック

ペニーオレンジ

ナチュレ・ブルー

パープル&
オレンジ

アプリコット

これが黒いビオラかとため息をついたが、春には結構いっぱい出回っていた。紫にも見える。

秋に初めてオレンジのビオラを見たときは、とってもびっくりした。
春の光をあびて輝いて咲いてた。

1株でたくさん花をつけていた。色が青に近くて気に入っている。

まわりの人たちからはえっ−と言われるが、わたしの一番のお気に入りパンジー。

アプリコット色のを選んで買ったけど、咲いていているうちに薄ピンク色になってしまうのはなぜ?

チューリップたち

プリシマ

アプリコット・
ビューティー

ライラックワンダー

バラード

この春はじめてのチューリップは、薄いクリーム色。10球全部咲いた。

それはそれは赤ちゃんみたいな優しくかわいい色。1.5個しか咲かなかったのがとても残念。

いいとこないままに終わってしまった。

ナチュレローズと同じ色。一緒に植えたエレガントレディとそろって咲くとこを見たかったな。

グリーンランド

スプリンググリーン

エレガントレディ

遅咲きのうえ、すごく首が長くなった。5球中2つしか咲かなかったんだけど、ピンクとグリーンの具合がきれいだったなー。

花びらがちょっとフリルがかってて、小振りな花。黄緑のはいったチューリップって思ったよりもきれいなんだな。

んー。写真と違う。花びらの先っぽにぴんくがはいるはずだったのに。どっちがほんとなんだろう。