ベランダが寂しかった夏のあおりで、秋はもっと哀しく、写真の数も頭が痛いほどにない。
ベランダに秋はこなかったことにしようかと思ったほどだ。

しかたがないので、新入りのレトロっぽいアヒル君に登場してもらおう。(¥800)

 

 

ルリマツリ

今年のルリマツリは今までで1番たわわに咲いて見事だったのだが、
一斉に咲いてあっという間に終わってしまうという短期決戦だった。
肥料切れなのかな?
来春には忘れずに植え替えをしてあげよう。

 

 

ミニバラ オレンジメイアンディナ

popoちゃんちからやってきて、2回目の花が咲いた。

ミニバラとはいえ、株は結構大きく枝をしっかり張っている。

インパチェンス

こうして薔薇と並べてみてもけっしてひけをとらない八重咲のインパ。

花の大きさもミニバラよりも大きく、優しいながらも堂々としている。

 

  

キンギョソウ  アップルブロッサム

種まきキンギョソウが再び咲いた。
なんて優しい色合いなんだろう。
ひかりがよく似合う。
背が高いので、1回強風にあおられると、
くねくねになってしまうのが弱点。

 

  

ナスタチウム

すっかりハダニにやられてよわりきっていたナスタたちが、秋も終わる頃息を吹き返してきた。

わたしの予定では、秋には咲き終わり、その空いたプランターがチューリップ用になるはずだったのに。

プランター2つと丸テラコッタ(大)でナスタはどこまでがんばるのだろう。

冬越しってしないんだよね?