斑入りのブルーデージー 

今年の仙台は、7月は異様に暑くて猛暑と思われたけど、8月になるとがらっとお天気が悪くなり、連日の曇り空。
暑いのも嫌だが、こうどんよりされるとちょっとは晴れてもいいんだよと言いたくなる。

やはり四季のある日本に住んでるんだから、”夏”という感じは欲しいものだ。
暑けりゃ暑いで文句を言うんだからお天気の神様はたまったもんじゃないだろうが、夏と秋の間に変な季節を入れるのはやめてもらいたい。

ベランダに向かう気持ちも薄れていた夏。植物たちはそんなわたしの心を見透かしていたのだろう。さえないベランダでひっそりと、何かをじっと待っているかのようだった。

 

 

カラー クリスタルブッシュ

縁がほんのりピンクに染まるところが愛らしい。
ひとつの球根から8つくらい花が咲きました。
まだ夏のはじめごろ。

 

ストケシア

種まきから1年4か月、待ちに待ったブルーのストケシアは
見事に薄紫でした。くうぅ〜。
青と信じてことさら大事に育て続けたのに〜。
思いっきり力が抜けた一品です。

 

ゼフィランサス

 

サンダーソニア

今年はひとつの球根から2本茎が出で鈴なりに咲きました。
相変わらずかわいいドレスです。

 

ニコチアナ(ハナタバコ)

ライム色に惹かれて

  

ナスタチウム

輝いてプランターから咲きこぼれるはずだったナスタ。
だんだん葉っぱが小さくなり黄色く枯れてきて、
おかしいおかしいと思っていたら、ハダニでした。
う〜、もっと早く気づくべきだった。
これから挽回してくれないかな?