チューリップやパンジーに変わりペチュニアが満開を迎えた。ペチュニアは容易に冬を越してくれ、多少切り戻しが不恰好でも、たわわに咲いて盛り上げてくれる。
 今年は3年目のプリズムサンシャイン(黄)、2年目のバカラ・サーモン、同じくロンド・ピンクの3色競演である。

 

  

そして、今年も青い花たちが目覚めはじめた。
花を待つ時間が長い代わりに、花は透明な美しさを光に通して心に届けてくれる。
わずかな時間だからより美しく・・・。


 アメリカンブルー

 


ロベリアのハンギング

 


ディディスカス

 


デルフィニウム

 

   
ブルーの寄せ植え(ブルーデージー・オキシペタラム・ニーレンベルギア・イソトマ)

    

   


 

カリフォルニアローズ

八重のインパチェンス。濃いピンクの方は樽に2株。札の写真はもうちょっと赤っぽい色だったのに、咲いてみたらショッキングピンクだった。
摘心をしていけば、もっともっとボリュームアップすると思う。半日陰でも、長い期間お花を楽しむことができるのがうれしい一品。