2002春の終わり・・・そして初夏。

今年も毎年お約束のお花たちが咲き始めた。
なかでも3年目のデルフィニウムは、期待を裏切らず
いっそう豪華に咲いてくれてうれしい限り。

風を感じつつ、お花ひとつひとつを
ゆっくりと眺めて過ごす
心の余裕をもちたいもの。

 

 

冬の間も葉っぱを枯らすことなく
元気のよかったデルフィニウム。
ぐんぐん背を伸ばし、5月21日ごろから咲き始めた。
1房に50個くらいは咲いたと思う。
毎日ベランダを眺めてはニヤニヤしていたものだった。

 

 

 

5月の終わり、デルフィの隣でハゴロモジャスミンが
咲き始めるとなんだかその一角だけ別世界になった。

 

   

 

 

去年の秋に種まき(ずっと前のが余っていた)したニゲラ。
今年は摘心して背を伸ばさず脇芽をたくさん出す作戦で。
そしたら最初はよかったんだけど、
やっぱり横広がりになってだんだん花が小さくなってしまった。
右の水色の縁取りのある花(きれ〜い!)が、
次の日あたりは真ん中のブルー一色の花になる。
左はうっすらピンクの縁取りが入ってるがこちらは咲きすすんでもこのまま。

 

 

 

 

 

今年のプリズムサンシャインはいよいよ
株元が木質化して恰好がつかなくなってしまった。
種をとって株を更新しようと思っている。

 

 

今年はちまたで八重のペチュニアが大ブレイク。
以前は「こんなくちゃくちゃしてんのは
ペチュニアじゃない!」と思ってたのに、
すっかり気が変わった。
これはドレスアップのライム。
ゴールドクレスト(スタンダード)の足もとを
こんもり飾る予定。

 

 

 

去年購入のミリオンベル(ピーチ)。
こう見るとこんもり咲いてるようだが
実はこっち側しか咲いていない。

 

 

毎年こぼれ種で必ず咲くピンクかすみ草。
プランターいっぱいに咲いた。
そのプランターの主であるサーモンのペチュニアは
調子が悪く切り戻し中だが、もしかしたらこのまま
いなくなってしまうかもしれない。
かすみ草って独特の匂いがするよね。