秋 そして冬へ

新しい春を思い描きながら

ちまちまと何かしら園芸作業をしていく。

それは決して負担ではない。

自己満足と反省の繰り返しだろうと

そんなことがわたしは好き。

 

 

 

 

 
アプリ色のポーチュラカ 鉢植え仕立て(購入)

  

ポーチュラカはドロップみたいな元気色が似合うけど、
夏の終わりに出会ったポーチュラカはこんな淡い優しい色だった。

 

 

 

種から育てた2代目のプリズムサンシャイン

株の恰好はへんちくりんだけど、お花は親と同じ色でフリルの大きなドレス姿。

 

 

 

  

カタログで見たビオラの新色 ビビのラベンダーアンティーク。
花びらに入っている血管っぽい筋が
モンシロチョウの羽の模様みたい
などと思うのはわたしだけでしょうね。

 

 

 

 

紫の寄せ植え

去年のレースラベンダーを切り戻して、
レモンユーカリとビオラ3種を寄せ植えしてみた。
手前にはアイビー、後ろにブラックジャック(ビオラ)。
こっそりと白のイベリス(切り戻し中)もまざっている。

うんと考えて配置したはずなのに、
どこから見たらいいのかわからない一品である。

 

 

 

 

  

2003年のクリスマス寄せ植え

コニファーはゴールドクレストより細長いウィルマ。
きれいなまだらな葉っぱのヒイラギ。
レースのようなシロタエギク。
ガーデンシクラメンはいつも白を選んでしまう。

地味に緑のバリエーションで遊んでみた。

 

 

 

冬 そして春へ

 

 

早咲きクロッカス

春一番乗りはやっぱり黄色。まぶしいね。

 

 

 

スノードロップ

植えっぱなしのうえに、いつの間にか咲いていました。
ちゃんと待ってあげなくてごめんね。

  

 

 

プスキニア

まだ土から顔を出したばかりの小さな小さな花たち
春の風が聞こえてきたね。