花いっぱいをめざして
秋に植え付けた苗や球根たちが、
期待に応えようとがんばった春。

うまくいかなかったり
イメージどおりにならなかったりするけど、
自分で育てた植物たちが
長い冬を越え、
やんわりしたお陽さまに向かう姿を見ると
とてもいとおしい気持ちになる。

春はいつも忙しい時期と重なるけど、
できるだけベランダに出るぞと
心に決めた。
わたしはやっぱり園芸が好き。

 

 

樽型プランター・ピンクバージョンは、
赤いチューリップ2種(マリエッタ、ジェリットデヨン)と
パンジー(ストロベリー・トリコロール)と
ビオラ(ビビ・ピンクシェード)の寄せ植え。
案の定チューリップが綺麗に開花しない。
パンジーたちが強すぎるのだろうか?

 

 

樽型プランター・ブルーバージョンは、
ヒヤシンスとの競演・・・なんだけど
ヒヤシンスがあちこち向いて傾き、
こちらもなんだかなーと納得いかない。

 

   

ピンク・黄色・ブルーのパステル3種のハンギングは、
程よくこんもりと育ち、次から次へと咲きつづけた。
これはうどん粉がついたりしたものの
スプレーとちぎって捨て作戦で何とか乗り切った。

 

 
   

 

ナチュレ・レモンエロー

クリーム色と黄色のグラデーションが
綺麗。濃淡に個体差がある。

ナチュレ・ブルー

もっと青くなると思ったのだが、
おもいきり紫だった。

 

ビビ・ピンクシェード

これも濃淡やグラデーションに個体差があって、
まるで違う品種を寄せ植えしたようでおもしろい。

 

 

ビビ・ブルーフェイス

ビオラってかわいいね。

 

 

ブルー・シンフォニー

そにーちゃんから分けていただいた貴重な種から。
神秘的な青さ加減が綺麗です。

 

 

 

 

チューリップ

 

今年は開花率を上げるため深めのプランターを2つ買い、
5球×6種の球根を植え付けた。
さぼりがちな冬場の水遣りは、今冬も週一回程度で
例年どおりだったが、
勝率は6種中5種開花。

楽しみにしていた薄いグリーンが入るアプリ色のチャイナタウンは
蕾が大きくならず、残念ながら花は咲かなかった。

アプリコット・ビューティーとアラビアン・ミステリーは
5球中1球が別種が咲き、得したような騙されたような感じがした。

それにしても、わたしが選ぶチューリップって
どうも地味な感じがするが、気のせいだろうか?

 


クリームアップスター

フーランド


アラビアン・ミステリー


クイーン・オブ・ナイト


マリエッタ


アプリコット・ビューティー

 

 

ミニ薔薇

バニラのようなアプリのような色に
一目惚れして。

でもなんだか妙な色になってきた
感じがするんだよね。

次の花はどんなのが咲くんだろう?

 

 

 

 

プスキニア

コニファーの足もとでひっそりと。
小さな小さな綺麗な花。