WELCOME

冬に作った寄せ植えのビオラを抜いて、アプリ色のバーベナに変える。

レースラベンダー、ブラキカム、あふれるアリッサム。

ボリュームがでて、いい感じになってきたので、外玄関にもってきた。

時々ベランダに移動してお陽さまにあてよう。

 

 

 

 

選手交替

今までの白のオステオスペルマムに変わり、今年の4月に購入した‘レモンシンフォニー’。

花びらの色がわたし好みで、たくさんの花をつけたが、いまひとつ写真写りが悪い。

宿根草なので、来年はもっと大株になってくれたら嬉しいな。

 

 

 

 

定番 デルフィニウム

今年のデルフィニウムは3本立てになった分、一房の花つきは昨年ほどではないが、華やかにベランダを飾ってくれた。

下から順々に蕾が色づき、膨らんでいくのを見るのがなんとも嬉しい。

 

 

そろそろ植え替えた方がいいのかもしれない。土を変えて、堆肥をたっぷり入れてあげよう。

 

 

 

 

わくわく

園芸屋さんを巡っていると、知らなかった花や
どちらかのHPで見ていいなぁと思っていた花に出会う。

そんな出会いにわくわくした初夏。

 

 

ギリア トリコロール

おしべがブルーで、珍しい色分けの花びらをもつ。
生のこの花をはじめて見た。ちょっとミステリアス。

草丈が高く、ひょろひょろ伸びるので、扱いが難しい。

 

 

 

ギリア レプタンサ

これも上の花と同じギリアとは驚き。
おしべがブルーのところはおそろいだね。

ポンポン咲きとツンツンおしべがとてもかわいらしく、色もきれい。

 

 

カンパニュラ  フィフティブルー

「ブルー」にだまされた。これって紫じゃん。
フィフティパープルと名づければいいのに。
奮発して2株も買ったのにな。
ベル形はかわいらしいんだけど・・・。

やはり咲いた花を見てから購入するのが基本でしょうね。

  
 

 

  ペレニアル フラックス(アマ科)

写真よりはもう少し青っぽかったかな。
これもひょろひょろで、風に大きく揺れていた。
わさわさと群生していたらもっと可愛いかも。

今回はお試しで1苗だけだが、どんなふうに寄せ植えすればいいのだろう?
ひょろひょろ系は難しいんだよね。

 

 

 

また会えたね

 いくつかの冬を越して、また逞しくなっていくものたち。
適当なお世話に耐えてくれてありがとう。
 

 

初夏のお約束 ハゴロモジャスミン

大きくなりすぎたので
花が終わったら小さく剪定してみよう。

 

 

2年目のフレンチラベンダー キューピット

去年買ったときと比べるととても大きくなった。
花はたくさんついたものの
特長である耳がやけに短かいのはなぜ?

 

 

チェリーセージ

今年は樽に植えてワイルドに育てることにした。
コニファーの陰から茎を伸ばせば
下葉が落ちてもそれほどかっこ悪くはない。

  
 

  

  

 

 

see you.....