薔薇  フロリバンダ

琴音

初めての大きい薔薇。
束のようにお花がつくというフロリバンダ。
大好きなアプリコット色で、名まえもかわいい。虫や病気にならないように、木酢液でシュッシュしたけど、やっぱりうどん粉にやられてしまう。
それでも蕾がつき、開花を迎えた。
1番いいところをとらえて写真撮影するタイミングがわりと難しい。

これからどう咲かせられるかは、全てわたしにかかっていると思うと、責任重大。
薔薇ってそんな風に気が引き締まる存在だよね。

お世話の仕方勉強するからね。
だからあなたもたわわに咲いて、わたしのベランダの主役になってね。

とりあえず、うどん粉との戦いの作戦を練らなくっちゃ。

   

   

 

   

ロベリア  アズーロ コンパクト 色:スカイブルー 

今年は苗を買った。改良された夏越し容易なロベリアだそうだ。
枝摘み不要と書いてあったが、やっぱり刈り込まずにいられず・・・。
1株でこんなに花が咲いた。
小さな花が集まってできるこの色のふわふわは、なぜか安堵感が味わえる。

  

  

 

   

カーペットカスミソウ

去年の春、苗を購入。寄せ植えにしたのに咲かずじまい。
1年越しでこのたびやっと咲いた。

ちょっと地味目の小花だが、よーく見るとかたちがしっかりしてて、ピンクのすじが粋なアクセントに。
名まえのとおりこの花で敷き詰められたなら、それはそれは綺麗だろうね。

   

   

 

   

あさがお

あさがおはいつもハダニにたかられる。それは仙台の気候のせいでもなく、
ベランダ育ちのせいでもなく、わたしのお世話の仕方が不十分なのだと思う。
夏のはじめ、園芸熱がすっと薄れる。

めんどくさくなってフェンスに絡ませた為、ベランダの外に向かって展開していった。ハダニと台風のせいで葉っぱはボロボロだったが、9月になってから次々と開花。1日に10個以上咲くこともあった。そのほとんどはフェンス越しの後ろ姿だったね。

それでもわたしは、ヘブンリーブルーの青が好き。

 

  

   

  

栄養系コリウス

ガイズディライト
  (1番緑が多い葉っぱ)

ダイナスティ
  (赤と白と緑の葉っぱ)

オリジン
  (黒っぽい葉っぱ)

上 6/05 植え付け

中 7/19 栄養系とはよく言ったもので、ぐんぐん生長。

下 8/29 ウイスキー樽が葉っぱでいっぱい。
コリウスの他にインパチェンスとチェリーセージが入っている。

 

 

 

 

ニゲラ

なんだか宇宙生物っぽくない・・・?