ベランダの花たち 秋冬


 
イエローガーデン

 秋には黄色いコスモスが咲き乱れ、その足下に黄色のペチュニアが咲くはずだったのに、こうも思い通りにならなかったり失敗ばかりなのは、今年の梅雨の長雨と夏の猛暑のせいだと思う(ということにしたい)。
 実際、絶対失敗しないと思って作ったベゴニアのハンギングは半分だめになったし、夏は葉ダニとオンシツコナジラミの巣と化してしまったものが出たりして、全然さえなかった。
 それを思えば、この秋冬はとってもがんばっていると、わたしは思っている。

プリズムサンシャイン

イエローガーデン

白コスモス
種から育てた苗をもらったもの。縦に横に伸びすぎては何度か切り戻してたら、次々と花が咲くようになった。しかも秋から冬にかけてが一番きれいに。寒いのにね。
 黄色のペチュニアといっても、なんか白っぽく、どこかグリーンがかって見えたりして、これじゃあ胸を張って黄色とはいえないと思う。
低く咲かせるには遅まきすればいいと本に載っていたので、まだまだと思っているうち種まきするのを忘れていた。やはり大きくならず、貧弱なかんじのミニコスモスになってしまった。
 季節はずれに誰にも見られないベランダで咲くコスモスってなんだか悲しい。 
 なんとイエローガーデンの種に混じっていた。白いのもきれいだ。今度は赤いのも育ててみたいな。

今度の春のプラン

失敗しそうでなんなんですが、わたしの春のプランです。主なところを紹介します。

春のプラン

 と、こんなかんじです。いちおう前回の反省をふまえ、プランターはチューリップとパンジーは別にしてみました。チューリップには、そろっていっぱい咲いてほしいです。

 トータルイメージ(テーマ)は特に決めず、やってみたいのを種まきしてみました。

 1999年の仙台の夏はいつまでも暑いと思っていたら、突然寒くなってしまい、パンジーの種まきの時期には困惑してしまいました。早く蒔こうと思ってたのに、結局蒔いたのは一回目8月28日、二回目9月12日。パンジーたちは、今回もやっぱり冬になるまで大きくなりきれず、おチビながらがんばっていました。
 ようやく2月になってナチュレローズの一番花が咲きました。