ベランダの花たち 春

  一昨年秋に春のテーマカラーをYellow&Pinkと決めた。プランターを4つ並べたところにクリーム→黄色→ピンク→赤へとグラデーションしてチューリップが咲きそろい、その足下でパンジーの黄色とピンクがこんもり咲く……という夢のようなイメージを描き、球根を植え種をまいた。
 ところが、春―。実際は、チューリップは葉っぱばかりで咲かずじまいのものが多く(半分以上) 咲いたかと思えば種類ごとに咲く時期がずれ、パンジーは今までで一番うまく育ったものの、植えすぎてぎゅうぎゅう詰め状態(植えつけ時おチビだったのでつい間隔を詰めすぎてしまった)。見事なくらい、秋から抱き続けたイメージは崩れ落ちてしまった。
 こうも思い通りにならないとは……。何がどう悪かったんだろう? たぶんあまりにも無謀な計画だったのだろう。
 とにかく、来年はもっとシンプルなイメージを描くことにしよう。

1999年のパンジー

ピンクシェード

エロービーコン

ピンクシェード
カタログでは、上2枚が薄黄色で下3枚が濃い黄色なのだが、咲いてみると濃い黄色の入り方がまちまち。カタログっていいとこ撮りなのね。 上品な薄ピンク。ぎゅう詰めに植えたので、後半になるとクビ長になり切り花用になった。

やっと咲いたチューリップたち

  フレンジ・ド・
エレガンス

ラブ・ロック

スイートハート

   リーン・ファン・  ダ・マーク

Yellowコンテナ         Yellowコンテナ

 こぼれ種のノースポールと冬越ししたユリオプスデージーに、ムルチコーレとムーンライトとリムナンテスの苗を買って追加したYellowコンテナ。
 ムーンライトの元気が出なかったのは残念だったけれど、ノースポールとムルチコーレが長期間花いっぱいで今春一番優秀だった。
 今年はじめて出会ったリムナンテスは、卵みたいですごくかわいくってお気に入り。(写真には写っていない)


    

       ビオラのハンギング          

 種から育てたステラという名のビオラ。黄色の入り方が微妙に苗ごとに違っていて、色も形もかわいい。次々に花が咲いてこんもりとなり、ハンギングに初成功した。

 これは実家の門に飾り、道行く人にお披露目した。

ハーブコンテナ  

ハーブ・コンテナ

 うちのハーブたちは何にも使われることがなく、ダラダラとのびてはばっさり切られたり虫にやられたりしながら、健気にがんばっている。
 えらいなぁ。


     
アップルミント レモンバーム チャイブ 
      シルバータイム ゴールデンレモンタイム