ベランダの花たち 初夏

 
 
青い花に心ひかれる。
 少し前までは青い花なんて滅多になかったのに、今はきれいな青や水色の花がいろいろあるんで、わくわくする。
ブルーガーデンを夢みて、昨年はニゲラとネメシア(ブルージェム)の種をまいた。
 春のチューリップが終わる頃、ファセリア、ネメシア、ネモフィラ、ニゲラ、アナガリスを、ちょっとワイルドに配置した。そう、ワイルドさがポイントだったのに、なんだか雑然とした雰囲気になってしまった。
 それに、ひとつひとつの花はかわいかったり、おもしろかったり、きれいだったりするのに、集めてみるとボリューム不足なのか、青だけってなんか寂しい印象。もっと青を引き立たせる工夫が必要なんだね。つまりわたしのセンスが問われるわけだ。んー、センスかぁ……。

ブルーの花たち

ファセリア

アナガリスモネリ・
スカイラバー

ほたるかずら

  ルリマツリ   
(ブルームーン)
真っ青な色にひとめでひかれた。ほんとうに青。花の形もかわいくて気に入っている。
今年は一株だけだったので、来年はたくさん咲かせてみたい。
濃い青で赤や黄色がちょっとだけ入っているところがおしゃれな感じ。
夏に旅行に行ってるうちに枯れてしまった。高かったのに、残念……。
春のはじめにひっそりと咲く。今年も無事冬を越してくれるといいな。 今年はさし芽したのも育って2株になった。  白っぽい水色。夏の終わりから咲き始めた。気がつくと、花がらが服についてたりした。
 

宿根ロベリア

デルフィニウム・ベラドンナ

ネメシア(ブルージェム)
株がどんどん大きくなりいっぱい花がついた。
普通のロベリアよりいかにも丈夫ってかんじ。さし芽もよくつく。
枯れそうな100円の苗を買ってみた。ちょっと紫がかった青。
デルフィニウムっていう気品さを感じる。
本で見たようにあふれるように咲いてくれた。ちょっと他にはない花の形(写真ではわかりませんが)。自分で種から育てたので、すごくかわいい。