10月8日()

 今年はパンジー、ビオラの種まきに大失敗。待てど暮らせど一向に発芽しない。今までこんなことなかったのに・・・。しかもF1ビンゴ ローズフロストは一袋500円の高価な種。

 結構ショックは大きかった。

 思いつく敗因は、ちょいと種を埋めてしまったということ。急に涼しくなって曇天続きだったこと。初めて「種まきの土」を使ったこと。
 さらに、あせったわたしは土をほじくり返して、ますます種を深いところへと押し込んでいった。

 でも半分は、実家の母のもとで無事発芽したので、悔しいけれど苗を分けてもらうことにした。(天気も土も同じ条件だった。ということはやはり種を埋めすぎたのだ)

 気を取り直して、新たな種と前回まかなかった種をジフィーミックスにまいたのが9月23日。今度は順調に発芽。これでもかと勢いでまいてしまったロベリアは、びっしりと双葉がくっつきあっている状態で移植するのを考えるとげっそりしてくる。

 そんなときだ。なんと最初に種まきしたところから、ひとつふたつと発芽していたのだ!すごい!

 祈るような思いが通じたのか、はたまた執念勝ちかはわからないが、ほっくり返しているうちに、たまたま種が表面に出てきたんだろう、きっと。

 10月7日現在ペニーオレンジ6、ラベンダーシェード4、ローズフロスト1。
 数は少ないけど、かわいくて仕方がない。

 

 10月29日()

 先日、もらったディモルフォセカとリナリア、園芸やさんで見て急に育ててみたくなったディディスカスの種まきをした。ディモルフォセカとリナリアはあっという間に発芽。おりこうさんである。
 もうこれでこの秋の種まきは終わり(にしなさい)。

 苗たちは、温室のような出窓とベランダの中でも最も陽があたる特等席でちょっとずつ大きくなっている。出足が遅かったので、「まあこんなとこだろう」と思えるくらい。

 わたしの観察では、苗の生長に一番大切なのは温度である。
 と言い切るわけは、外に置いてたのと出窓育ちのとでは明らかに生長ぶりが違ったのである。そういえば、春に見学に行った農家ではビニールハウスであっという間に出荷されるらしかったじゃないか。

 だから、うちの苗たちは温室育ち。晴れた日はベランダに出して外気に触れさす。
 ひ弱な子に育ってしまいそうでもあるが、このごろの仙台はだいぶ寒くなってきてるので、冬になる前に少しでも大きくなって欲しい親心。
 といっても、それほどまめではないので、黒ポットに移植してからはベランダに出しっぱなしだったりする。

 ところでロベリア。びっちり発芽して本葉も出てきたところで緑の連結ポットに移植し始めたんだけど、その数の多さには気が遠くなる。やっぱり、間引きをすべきなんだろうか。
 間引きってなんか苦手。もったいないんだもん。でも、これ全部は絶対育てられないし。

 10月29日現在、黒ポット数70。まだまだ増えそうなのだが、もうベランダには置くところがない。
 

 

 12月6日(水)

 いつのまにか12月になり冬到来である。まだ雪は降っていないが、タイヤ交換はした。
なるべく、「朝起きたら雪が積もっていた・・・」という状況は避けてもらいたいものだが。

 そんなことはここでは関係ない。うちのちび苗たちの報告をするんだった。

 うーん。あんまり大きくなってない。ここにきて種まきが1か月遅れたことが悔やまれる。
 一応ちび苗たちは特等席の室外機の上(お陽さまがよくあたる)においてあるのだが、生長には品種差、個体差があり、枯れてしまったものもある。
 パンジーのオレンジアンドパープルがそろって伸び悩んでいるのが気にかかる。期待してるのに。

 ロベリアは緑の連結ポット3つ分に行儀よく並んでいる。うまくいけば、来春わたしはロベリア屋さんだ。実はまだ移植してないのもあるし、もうプランターに寄せてしまったのもある。ロベリアのハンギングは作ろうと思っているが、それではける数ではない。うまくいくとは限らないが。

 リナリア、ディモルフォセカ、ディディスカスたちは、出窓でぬくぬくしてるがどうしても首が長くなってしまう。ま、しかたがない。時々向きを変えてやるくらいしかすることはない。

こうして、あまり生長しなくなった苗たちは、前ほどかわいがられなくなり、静かに冬を過ごすのである。

苗たちの一覧表をご覧ください

 

 1月3日(水)

 この冬のさなかにロベリアの一番花が咲いた。
 12月25日の出来事だったので、ちいさなクリスマスプレゼントだった。
 しかもわたし好みのきれいなブルー。ちょうちょのような形のお花が、冬の陽差しを浴びて静かに咲いていた。

 でも、苗自体はまだまだ小さくて、なぜこんなに慌てて花が咲くのかちょっとわからない。
ほんとはもっと株を大きくしないといけないんだと思う。

 だからこれからは、もったいないけど蕾は摘みとって、株を育てよう。
 春にこんもりと咲き続ける株になるように今は力をためていてもらいたい。

 でも花の色は知っていたいから、一苗1個ずつ花を見ようかな。それなら春にロベリアのハンギングを作るとき、花の色を選んで植え付けられるもんね。楽しみ、楽しみ。

苗たちの一覧表をご覧ください

 

 2月6日(火)

 ロベリアの花が次々咲いてきた。ブルー、ピンク、紫、薄紫がそろった。あとは白待ち。
 株は小さいのに、花はしっかりとしており大きさも充分だ。

 リナリアも咲き、ディモルフォセカもつぼみを持っている。こんなミニなのに。ほんとにいいのか?

 出窓は温室と化し、環境的には最高みたいだ。つぼみはなるべく摘みとって、株に栄養がまわるように心がけている。 
 いつまでも小さい連結ポットでかわいそうになってきたけど、今黒ポットに植え替えるつもりはない。(きっぱり)

 外の室外機の上では、パンジー、ビオラの苗がじっと寒さに耐えている。お陽さまがあたればけっこう暖かいときもあるんだけど、風が吹けばとても寒いと思う。
 ビオラのパープルアンドホワイトとペニーオレンジはつぼみがあり、遅々たる生長だが、期待が持てる。
 しかし。
 問題はパンジーのオレンジアンドパープル。これが微々たる生長も感じられない。(下の写真・手前の貧相なやつ)
 こんなんで春に花が咲くんだろうか。かなり疑問である。

 いずれにせよ、外はまだ真冬。今年の仙台はいつになく雪が多く、寒い。
 春にこの苗たちが無事定植され花を咲かせてくれるという何の保証もないっていうのに、わたしはまたしても、春まき用の種を購入してしまった。

 今年の夏はこれが主役のナスタチウム(2種類)。衝動買いした白地に水色が入るアサガオ。あきらめきれないファセリア。popoちゃんにもらったスイートピーとツタンカーメンのえんどう豆。
 どうしましょう。

 
 苗たちの一覧表をご覧ください

 

 2月25日(

    

 おとといの朝、ビオラの一番花が咲いているのを見つけた。 
 はじめましてのこの瞬間がたまらなく好き。

 開いたばかりという感じでまだ花びらが開ききっていない。顔を覗き込んでみると思ったとおり、いや思った以上にかわいい。
 今回種まきした中で一押しのお花なのである。この花がこんもりと咲いたところを想像してもらいたい。うう〜、かわいすぎるっ。

 ハンギングにしようと思ってるんだけど、そろそろ植え付けてもいいのかしら?
 もう少し待ったほうがいいかしらね。

 他のビオラやパンジーたちも春の気配を感じるのか、大きくなってきた気がする。
 あの貧弱なパープル&オレンジでさえも・・・!

 しかし、仙台の春はまだちょっと遠い。

 お店で売っているリナリアやディモルフォセカを見て驚いた。
 これが一株?と思わず根元をかき分けてしまうほど立派な株。お花もいっぱいついている。そりゃ、プロが育てたものと較べるほうがおかしいのだが、それにしたって・・・。
 一番花も咲いて順調だと思っていたのは大きな間違いだったのだ。

 そうだ、やっぱりこんな赤ちゃん苗を育てるちっちゃい連結ポットなんかにいつまでも入れておくからだ。今は植え替えないと前回きっぱりと言い放ったのだが、これはもう一刻も早くやらなければならない。

 久しぶりの土いじり。背中がぽかっと温かい。(しかし暖かかったのはそのときだけ)
 黒ポットに移ったうちのリナリアとディモルフォセカは、べろっと横に寝てるものやひょろっと徒長してたりして、なんだかとっても貧弱さんになってしまった。

苗たちの一覧表をご覧ください

 

 3月11日(  

 ひょろっと伸びて下葉が枯れかけてきたディディスカス(ブルーレースフラワー)を黒ポットに植え替えた。めんどくさいから、根っこを崩さずそのまま植えた。
 種の袋を改めて読んでみると「直根性」と書いてあるので、根を崩さなかったのは良かったらしい。あ、「移植を嫌う、直播きまたは小苗のとき移植」とも書いてある。
 うちのはもう20センチ以上は伸び、本葉も12〜13枚ぐらいはついている。・・・まあいいさ。

 わき芽が全く出ていないのでどうかと思ったが、試しに何本かは半分くらいに切ってみる。ダメでも、半分残ればいいだろう。
 ところが、これも袋に「本葉5〜6枚を残して摘芯すると草丈が短くなり長期間楽しめる」と書いてあった。なんだ大丈夫なのか。

 ただ室内育ちのため、いつ外に出したらいいか迷うところだ。これも半耐寒性とある。この「半」が曲者だ。雪が降らなくなったらかなぁ。

 まったく。始めて育てるんだからもっとよく読んで勉強しておくべきであろう。
 済んでから読んだのでは遅すぎるでしょ。


 次に、ロベリアを黒ポットに植え替える。
 株を育てようにも、やはり根っこが育つ環境がなければ大きくなりはしない。ロベリア屋さんを目指すのだから、もらってうれしいくらいの株にはしたいものだ。

 連結ポットでは窮屈そうだったロベリアたちは、黒ポットに移るとほっとため息をついたかのようだ。が、ため息もつかの間、摘芯。それも数が多いのをいいことに、まとめて持ってジョンと切るといういい加減さ。
 きっと、ロベリアたちは強くたくましく育つことだろう。

 あまりの数の多さに全部は移植しきれない。飽きてもきた。
 それで最後に、ブルーの苗だけ集めてハンギングバスケットに植え付ける。ちび苗だと思っていたがこうやって見てみると、去年購入した苗とそんなに違わないような気がする。
 さあ、ふんわりとまあるく大きくなってね。期待してるんだから。

 後半分はまた今度。ハンギングもっと作ろうかな。
 

苗たちの一覧表をご覧ください

 

3月25日(

 そろそろ秋まきの栽培ものがたりも完結に近づいてきた。
 しかし、まだ一番花が咲いていなかったり、株がしっかり育っていなかったりするものもあるので、区切りがなかなかつかないところである。

 ここでひとつずつ現在の様子をご報告しよう。

 パンジー(F1インペリアル ラベンダーシェード)・・・発芽に失敗したものの、ようやく出たのが3株生長した。プランターに植付けも済ませあとは花が咲くのを待つだけである。

 パンジー(F1ビンゴ ローズフロスト)・・・500円の種から1株だけ生長。なんとも貴重な苗である。つぼみが付いているから一番花までもうすぐ。

 パンジー(F1ベッダー パープルアンドオレンジ)・・・生育が悪く貧弱だったが、これからぐんと大きくなりそうである。実はひとつだけ途中で室内に入れてみたのが花を咲かせたが、これは反則なのでノーカウント。

 ビオラ(ペニーオレンジ)・・・4株プランターに植え付けて、3株はpopoちゃんちに養子に出してあと1株残っている。ひげがないタイプだったようだ。

 ビオラ(F1ベッダー ブルーアンドホワイト)・・・ラベンダーシェードと一緒にプランターに植え付けた。たいへんラブリー。先日このビオラにぴったりの自然木寄せ植えポット足付というのを買ったので、ブルーデージーと一緒に植え付け予定。

ビオラとパンジーの寄せ植え

(ラベンダーシェード/花待ち)
(F1ベビー ブルーアンドホワイト)

 ロベリア(リビエラ ミックス)・・・初めてのロベリア育て。あまりの苗の多さに閉口したが、途中オンシツコナジラミと闘いに勝利をおさめ、いい加減な摘芯を重ね、比較的立派な株になっている(ものもある)。もう少ししたら花が咲き出すので、そうしたらロベリア屋さん開店だ。

ロベリアのハンギングはこんな感じ
色はブルーのみ、9株入り
これからふんわりまーるくなっていくはず

 

 


 続きは次回。残りは失敗編である。

苗たちの一覧表をご覧ください

 

4月15日(

 その後、パンジーのラベンダーシェード、パープルアンドオレンジの花が次々咲き、1株500円のローズフロストは大きくきれいな見事な花を咲かせている。
 これでパンジー・ビオラたちは無事開花を果した。

 さて、できるものなら知らん振りをしたいが、他のものたちも報告しなくてはいけない。

 ディモルフォセカ(スプリングフラッシュ・オレンジ スプリングフラッシュ・エロー)・・・お店で売っている苗と較べると10分の1くらいしかボリュームがなく、竹串の支えはまるで松葉杖のように痛々しい。つぼみを摘んでボリュームアップを図ろうとしたが、あまり効果はなかったようだ。寄せ植えに入れてしまったものの方が、いくらか元気がいい。

 リナリア(ホワイトグッピー)・・・温室育ちというのはこういうのをいうんだろう。なぜかといえば、小さかった頃に外の樽に植えておいたもののが、冬越しして大変立派に育っているのに比べ、出窓のポット育ちはいたって貧弱。寄せ植えに入れたら、風が吹いたり水をかけたりするたびに倒れそうになっている。

 金魚草(F1メリーランド アップルブロッサム)・・・まだまだ小さく、いつになったら花が咲くのかわからない。咲いた暁には「ベランダの花たち」ででもこっそり報告しよう。

 ディディスカス(ブルーレースフラワー)・・・こちらもゆっくり生長している。別にいいのだ。今ベランダはいっぱいいっぱいなんだから。黒ポットからプランターにでも移し替えたいところだが、空いているプランターがないしね。気長に待つことにしよう。

苗たちの一覧表をご覧ください

 これで、秋まき栽培ものがたりは終了とする。
 ちょっとでも参考になったり、種からっておもしろそうだなって思っていただけたなら幸いである。

 半年もの間、お付き合いいただいてありがとうございました。

 

 

 

 

な ま え

種まき

発芽

ポットに移植

育つ苗

一番花

パンジー
F1インペリアル 
ラベンダーシェード

9/3

9月下旬

4→3

 
12/6        2/6

 
4/12

パンジー
F1ビンゴ ローズフロスト

9/3

9月下旬

1

 
12/6       2/6

 
4/12

ビオラ
ペニーオレンジ

9/3

9月下旬

10→9

 
10/29       2/6

 
3/11

パンジー
F1ベッダー
パープルアンドオレンジ

9/23

9月下旬

21→19

 
 10/29       2/6

 
4/12

ビオラ
F1ベビー 
ブルーアンドホワイト

9/23

9月下旬

15

 
10/29       2/6

 
2/23

金魚草
F1メリーランド 
アップルブロッサム

9/23

9月下旬

19→29

 
10/29       2/6
 

ロベリア
リビエラ ミックス

9/23

9月下旬

連結ポット108マス


12/6

 
12/25

ディモル
フォセカ
スプリングフラッシュ・オレンジ
スプリングフラッシュ・エロー

10/18

10/22

16

 
12/6        2/6

 
2/17

リナリア
ホワイトグッピー

10/22

10/26

連結ポット
10マス

 
12/6        2/6

 
2/10

ディディ
スカス
ブルーレースフラワー

10/22 
 

連結ポット
11マス


12/6       2/6