3月24日(

 今年の夏は、太陽色に輝くナスタチウムでいっぱいにしたい。

 はじめはナスタチウムってなんか嫌いだった。あんまりかわいいとかきれいとか思えなかった。注目しだしたのは、おととしpopoちゃんがオレンジと黄色のナスタチウムを入れた寄せ植えを作ったから。ほんとにお陽さまみたいに輝いて咲いていたの。しかも、こんもりと長い間咲き続けていたの・・・。

 だからって4種類も種を集めちゃって、今度はナスタチウム屋さんでもするのかしら?
 だってどの色も見てみたかったんだもの。それに一袋に入ってる種が少なそうだったし。

 蒔いて1週間で発芽開始。次々に出てはぐんぐん伸びていく。まるで、となりのトトロのどんぐりみたいに・・・。
 双葉の間に本葉も見え始めている。もう今は37粒中35個が発芽した。こうなったらあとの2個もがんばってもらい、パーフェクトを狙いたいものだ。
 こんなに発芽率が良く成長も早いのなら、はじめから黒ポットに蒔けばよかった。


 ツタンカーメンのえんどう豆は蒔いて5日目くらいで早くも発芽。さすがミイラと共に眠っていただけのことはある。

 スイートピーが出足が遅く、まだ4つ目が発芽したところ。

 とまあ、秋まきの苗たちがまだ黒ポットで勢ぞろいしてるのに、春まきの種もまだまだ後に控えている。
 もうすでにベランダには置ききれない・・・。
 本当はナスタチウムを植え付けるプランターだってない・・・。

苗たちの一覧表をご覧ください。

 5月 5日(


 

室外機の上で育つナスタチウムの群れ。小さいハスの葉っぱみたいですね。
 品種ごとにちょっとずつ葉っぱの色が違って、きれいな緑のグラデーションを描いている。斑入りの葉っぱはアラスカ混合。
 ほんとはもうプランターに植え付けたいのだが、プランターが空くのを待っている。もうちょっと我慢しててね。ゆっくり大きくなっていいからね。

 ツタンカーメンのえんどう豆やスイートピーは植え替えが遅くなり、小さすぎるポットの中で根っこを広げられずにいた。
 ツタンカーメンだけは先日植木鉢に移植。支柱を立ててやるが、これがふらふらしてうまくおさまらない。たぶん鉢が小さすぎるんだと思うんだよね。
 スイートピーは植えるところがないので、別の地に引っ越しする。

苗たちの一覧表をご覧ください。

 6月12日(

 ナスタチウムをプランターに植え付けたのはいつだっただろう。記録をサボっていたのでわからなくなってしまった。やだね〜。チューリップやパンジーが空いてからだから、5月の下旬ということにしておこうっと。
 花の色を見てから植え付けたかったのだが、そこまでは待っていられなかった。

 黒ポットの中では生長しきれなかったのだが、プランターに植えると葉っぱの数も増え日増しに株が大きくなるのがわかる。同時に芯も止め、脇芽を増やす。

 一番花はピーチメルバ。クリーム色にきれいなオレンジが頬紅のようにアクセントに入る美人さんだ。
 その後次々と開花し、やまぶき色、アプリ、妙な赤、薄いクリーム色と各々の顔を見せてくれる。思ったとおり、お陽さまみたいにまぶしい色である。

   

 葉っぱにはエカキムシが入り込み、複雑な迷路を描いていた。虫は指でブチッとつぶしたものの、筋がいつまでも残っているのも嫌なので、葉っぱごと取ることにする。
 ちょっとならいいけど、エカキムシだらけというのはいただけないでしょう。

 そして今日、ナスタのプランター3つを新しいプランターハンガーでラティスのフェンスにかけた。あとはお花があふれるように咲いてくれるのを待つばかりである。
 って、あふれてくれるかなー?

 あ、ツタンカーメンのえんどう豆はいつのまにか紫色のさやができていた。
 お花の写真を撮るタイミングを逃してしまった・・・。ピンクの濃淡のかわいい豆の花なんだよ〜。
 こちらもエカキムシはびこり中である。豆だからね、しかたがないよね。

 別の地に引っ越したスイートピーは、根つかずに枯れてしまっていた。残念。

苗たちの一覧表をご覧ください。

 

 

な ま え

種まき

発芽

ポットに移植

育つ苗

一番花
ナスタチウム

 アラスカ混合

 ジュエル混合

 チップトップ アプリコット

 ピーチメルバ

3/10
3/17

4/12 10

    13

     6

     6


4/12

 
5/26
エンドウ ツタンカーメンのえんどう豆 3/12
3/17
3
5/ 4

 写真なし
スイートピー フェアリーメモリー 3/12
3/20
11
5/ 5