2002年5月19日()

 あ、いつの間にか・・・。
 わたしってば、いつもこんなだ。
って何回反省するつもりなんだろう。
と、他人事のように言ってみる。

 チロリアンデージーが3月30日に1番花開花したので写真だけは入れたものの、これはアップロードしてなかったような。


チロリアンデージー


 2、3日前にポピーが咲いた。ポピー特有の下向きの蕾が2株に20ほどもついて、期待が膨らむ。

 花が咲くとどうやら薄赤と赤の株だったらしく、縁取りのあるのやぼかしがかってるのをイメージしていたわたしはちょっとがっかりした。

 がっかりと言えば、チロリアンデージーも咲きはじめこそ写真のようにポンポンしてるが、とっても普通っぽいデージーだった。昔よくあったデージーそのものだ。
 うーん、もっと違うのをイメージしていた。

 はずれるたびに思うことだが、種の袋やカタログの写真はいいとこ撮りなのだ。

 

 

 

 苗たちの一覧表もご覧ください。

 

 2002年1月27日()

 冬真っ盛りといえる今日この頃だが、ほとんど生長していないように見えても、植物たちはちゃんと冬を謳歌しながらしっかりと根を張っている。

 ご覧ください。ポピーの苗がポットからはみ出て葉を広げているでしょう。ちょっと菜っ葉みたいだけど。

 数年前まで、仙台バイパスの中央分離帯の小高くなってるところに、毎年ポピーが咲いていた。繊細な感じが愛らしいポピーだが、こぼれダネで自然に広がっていくたくましさも秘めているのだろう。


ポピーの苗


 ニゲラ、デージー、エリンジウムたちはじっと寒さを耐えている感があるが、春になってからの生長が楽しみ。ポピーの葉っぱに隠されてお陽さまの光があたらないと困るので、並べ替えてあげるからね。

 

 苗たちの一覧表もご覧ください。

    

 11月25日()

 11月23日、ブラックジャックの1番花開花。
「えらい、えらい」
 思わずビオラの頭をなでなでする。ビロードみたいな花びら・・・!

 園芸屋さんでもたくさん出ているが、自分で育てたのはたとえハダニがついていようとかわいさが違う。これを親バカという。

 ハダニと言えば、プランターに植え付ける時に流しでシャワーをしたので、きれいになった分は結構その後の生長が旺盛だ。
 黒ポットのままのやつも洗ってあげよう。

 ポピーやデージー、ニゲラたちは本葉が数枚出てちょっと大きくなってきた。
 本当はもう少しがっちりしてから冬の寒さにあてたかったのだが・・・、耐えられるだろうか?

 今年はパンジー・ビオラが思いのほか早く育ったので、もうすぐ定植をしてしまう予定。だから冬の間ベランダで寒さをしのぐ黒ポットが24個程度となりそう。
 過保護にしないで育てたいが、真冬の氷点下は室内に入れることになるかもしれない。

 チューリップの球根と一緒に寄せ植えしたおチビのデージーやポピーには何が何でもがんばって欲しい。

 今回芽が出なかったネメシアとムーンライトは春まきに挑戦するつもり。
 しかし今回の敗因がなんだかわからなくては、次回も二の舞、三の舞いになってしまいそうである。
 

 苗たちの一覧表もご覧ください。

 

 11月15日(水)

 11月9日の朝出がけにふと見たベランダに、クリーム色のパンジーが後ろ姿があった。

「あっ、咲いてる!」
 うれしいはじめましての瞬間。

 最初のフロスティ・エローは、ほとんどがクリーム色で濃い黄色の部分はほんの一筆。それでも十分にかわいい。(本当は下半分が黄色になるはず)
 昔同じような配色のエロービーコンを育てた時は、クリームと黄色の割合がカタログ写真どおりでないことに腹を立てたりしたが、今回はあまり気にならない。

 それよりパンジーの種まきを始めて以来、初の年内開花なのだ!
 しかもこんなに早く。種を蒔いて2か月しか経っていない。

 種まきはいつもより2週間くらい早いだけのことだったのに、生長が早かった。
 あんまり期待しなかったくらいがちょうどいいのだろうか?

 とにかくびっくりするやらうれしいやらの気持ちいっぱいで仕事に向かったのだった。

 苗たちの一覧表もご覧ください。


 

 10月22日(月)

 パンジーの苗はちょっと葉っぱが間伸び気味だが順調に育っている。
 それに比べてビオラが大きくならないなーと思ってよく見たら、葉っぱに細かい白い点々が・・・。どうやらハダニがついている。さっそくハダニ用のシュッシュをかけたら、少ししたら葉っぱの縁が痛んでしまった・・・。くすん。


今年は順調に育っているパンジー

 

 ニゲラ、チロリアンデージー、ムーンライト、ポピー、エリンジウムの種を10月8日に黒ポット6つずつ蒔いた。1ポットに数粒ずつ。ネメシアは緑の連結ポットに4分の3蒔いた。
 だいぶ種が余ってもったいないが、管理できる範囲内におさめなくてはいけない。

 10月22日現在で、ポピーとデージーとニゲラとエリンジウムは発芽している。
 でも、ムーンライトとネメシアが1個も出てこない。

 この発芽状況を見ると、種まきの時期がちょっと遅かったみたい。発芽しても大きくなる期間が少なすぎるのだ。この頃の仙台は日中は暖かいのだが、最低気温が10℃を割る日もあって寒い。やはり9月中に蒔いた方がいいんだろう。
 仙台は夏の後すぐにぐんと寒くなるのだ。そう思っていながらいつもズルズルと後回しにしてしまうわたしって・・・。

 苗たちの一覧表もご覧ください。

 10月1日()

 今年は7月は猛暑だったが、8月に入ると暑くない日ばかりが続き、過ごしやすいような物足りないような変な夏だった。

 こんな時こそ、パンジーの種まきを早めにすればいいんださと思ったのだが、思った時に種はなし。何を育てるかまだ決めていなかったのだ。
 こんな時期に通販に頼んだってめぼしいものは売り切れになっているだろう。案の定、ベビービンゴ・デニムというのを頼んだが、受け付けてさえもらえなかったようだ。(後日送られてきた明細書に記載されていなかった)
 しかたがないので、カタログで選んだのを紙に書いて園芸店に行き、あるものだけ買ってくる。それが下の表に載せた花たちである。

 8月中旬、パンジー・ビオラの種まきをする。なんだかんだ言って、今までで一番早い種まきである。今年はうさぎを飼育しているので一日中エアコンで室温が25℃に保たれているのもあって、順調に発芽。
 管理者に今までほどの情熱がないのが幸いし、過度の期待もプレッシャーも何もない中でおちびさんたちはのびのびと生長していたようだった。

 約1か月後に黒ポットに移植。その後の生長もめざましく、しっかりした株になりつつある。情熱はあまりないが、期待はしている虫のいい管理者である。

 そろそろ他の種たちもまかなくてはいけない。


注:表中の双葉の欄は発芽の日ではありません。
 

な ま え

種まき

双葉

ポットに移植

育つ苗

一番花

パンジー
F1 インペリアル 
フロスティエロー

8/19


8/30


30

9/16

 
9/24        10/22

11/9

ビオラ
ブラックジャック

8/19


8/30

23

9/16

 
9/24         10/22


11/23

ポピー
虞美人草
八重咲混合

 10/8


10/22

14

  
11/25        1/19
 

ニゲラ
ペルシャン ジュエル

 10/8


10/21

6


11/25
 

クリサンセマム
ムルチコーレ
ムーンライト

 10/8

×
     

ネメシア
ブルーバード

 10/8

×
     

チロリアン
デージー
ロベラ

 10/8

 
10/22

8

  
11/25        1/19


3/30

エリンジウム
プラナム
ブルースター 10/8


10/22

3

 
 1/19