2003年 4月 20日()

  はりきって種まきを始めた夏の終わりから、もう8ヶ月が経過している。
 そう考えると、長い月日が経っていることに驚いてしまう。

 
ナチュレ・ブルーとビビ・ブルーフェイスの寄せ植え

 春には花いっぱいのベランダにしよう・・・そう思ってスタートした今回の栽培ものがたり。

 フェンスの上は紫バージョンが2プランター、ピンクバージョンが2プランターかかっている。
 種類によって生長具合に多少の差はあるが、こんなふうにこんもりというよりは、ぎゅうぎゅうづめに咲いている。

  

 こちらは3色のハンギングバスケット。

 冬の水遣りが億劫なため、何度か水枯れしてしまったら、うどん粉病が発生。(特に黄色)
 オルトランスプレーをしたりひどいところはちぎって捨てて、なんとか被害を最小にして、もっともっとこんもり膨らませたいなと思っている。

 ピンクの大輪がストロベリー・トリコロール。花が大きすぎて綺麗に開かず、丸まったりそっくり返ったりしてなんとも恰好が悪い。色はいいのに残念・・・。


ハンギング・バスケット
 


ヒヤシンスとナチュレ2色の寄せ植え

 大きめの丸プランターにも、紫&黄色バージョンとピンクバージョン(こちらは中央にチューリップ)の寄せ植えをした。

 毎年のように、異種植えをしては球根のほうが負けてしまうこの手の寄せ植え。
 よそでは綺麗に咲いてるんだから、わたしが下手なんだろうけど、今回もヒヤシンスはあっちこっちに傾き、チューリップは芽が出てこないのもあるという結果に・・・。

 う〜ん。
 唸ってみてもはじまらないが、唸るしかないという気持ちである。

 こんなふうにパンジー・ビオラに関しては、イメージ通りとはいかなかったものの、ベランダが花いっぱいになりそうな雰囲気だし、目標の年内開花も果たしたし、たぶん成功といえるだろう。

 期待のブルー・シンフォニー。
 咲き始めがブルーに近く、確かに仙台では見たことがないパンジーであった。
 こんなふうにネットを通じて大好きな青いお花に巡り会えた喜びは格別であった。

 パンジー・ビオラ以外は種まきしたもののその後の管理が悪くてダメにしてしまったものが多く、残念だった。 桃色タンポポはそにーちゃんちのを見せてもらい、キャンディータフトはこの前苗を3つ購入した。

 ファセリアは細々と生長しているが、(もったいないけど)蕾を摘んで脇芽を出し、しっかり育てる作戦決行中。
 プリズム・サンシャインは、どれも親と同じ花が咲いてくれそうで、ファセリアと同じく株充実作戦決行中だ。 

 パンジー類はお盆に種まきすること、冬場気を抜かず水枯れしない程度に水やりをすること、大輪パンジーは選ばないこと、パンジー以外もちゃんと育て上げることを次回の課題として、2002年秋まきの栽培ものがたりは幕を閉じよう。

 苗たちの一覧表もご覧ください。

  

 2003年 3月 9日()

 

 あと1〜2回は雪が降るかもしれないが、陽射しや肌にあたる空気がだんだん春めいてきた。

 ハンギングのパンジーは花つきがよくなり、こんな感じである。(ナチュレ・ブルー)
 葉っぱが寒さで黒くなったり白くなったりしているものの、この時期にこのくらい咲いてくれるということは、暖かくなったらかなりこんもりしてくれるのではないだろうか?今からニヤニヤしてしまう。

 ブルーシンフォニーのつぼみは花びらの色が見えてきた。薄い紫がかったブルーに見えるが、ひらいたらちょっと色が変わるので、これは思いっきり期待しちゃおうかなっ。

 

 

 種まきから2週間が過ぎた。さすがに温度が低いと、生長がカメの歩みであることを思い知らされた。
 ビオラはかろうじて8個中6個動き出したが、まだ種をかぶっている。
 桃色タンポポは3個は発根を確認したが、なんだか発芽にいたるかが怪しくなってきた。
 おまけで蒔いてた赤のきんぎょ草(自家採種)が、いちばん元気に双葉をひらいている。

 前みたいに熱心でなくなったからだろうか?
 確かに温度を保つ工夫もしていなければ、毎朝毎晩覗き込むでもなく、ちょっと放りっぱなしで申し訳ないんだけどね。

 苗たちの一覧表もご覧ください。

  

 

 2003年 2月25日()

 

 ビビ・ピンクシェードが不調である。半分以上が瀕死状態だ。なぜだろう?
 同じビビ仲間のブルーフェイスはそれほどでもないのに。水枯れしたとか寒さに負けたとか考えられるが、他のパンジー・ビオラだって同じ条件下だったのに・・・。
 かろうじてハンギングにしたものだけは順調なのだが、プランター植え(フェンス掛け)や黒ポット育ちのほうは、中央部から枯れて緑の部分もしなっとなっている。
 生長が一番早かったのに、冬の寒さや水枯れに一番弱かったのだろうか?

 それとは反対に、生長が遅かったブルーシンフォニーは室外機の上で育ち、ここに来て葉っぱもぎゅっと引き締まり、つぼみも見えはじめた。
 嬉しい発見である。どんなブルーな花なのか咲くのがとても待ち遠しい。

 いまだに室内で緑の連結ポット育ちのプリズム・サンシャインは、1月にひとつだけ一番花を咲かせて、他は摘心し脇芽を増やし中である。
 花は親と同じ薄黄色だった。F1だからと心配していたが、これで株の更新ができることが判明した。そろそろ黒ポットに移して、株を大きくしたいと思う。

 

 23日(日)、リベンジの種まきをした。
 桃色タンポポ      8粒。
 ビビ・ピンクシェード   8粒。
 キャンディータフトは種袋をあけたら種が入っていなかった。前回全部蒔いていたらしい。ないとなると育てたい気がつのるものであるがしかたがない。
 発芽温度が保たれるかちょっと心配。いつ頃動き出すだろう?

 苗たちの一覧表もご覧ください。

     

 2002年12月22日()

 


93日目のナチュレ・クリアレモン

 12月に入るとナチュレのクリアレモンもブルーも開花した。クリアレモンは文字どおりきれいな黄色で、去年育てたパンジーのフロスティーエローが小さくなった感じ。
 ちょっと遅れて開花したブルーのほう、一番花はやはり薄紫色だったが、もう少しブルーっぽくなるはずと踏んでいる。前に苗で買ったのがもっと青かったから。

 そしてつぼみが見えてから1ヶ月以上たって、ストロベリートリコロールが咲いた。カタログどおりで納得の一品。色はストロベリーとバニラのマーブルアイスのよう。大きさは・・・でかい。

 苗の生長を心配していたが、無事年内開花をはたした。なんて偉いんだろう。まだ全部の株が開花しているわけではないのだが、こうして顔を見せてくれて嬉しい限り。

 発芽から苗の生長具合、寒くなり具合などを振り返ると、ここ仙台(わたしんち)では種まき時期はお盆の頃が妥当だろう。

 別に開花が遅くたってかまわないと思ってはいるが、種まきから開花までの生長期間が長すぎると、楽しくないし飽きてしまうのも事実。
 定植も早めにできるし、冬場に花があるのは嬉しいものだしね。


112日目のストロベリートリコロール

 

 さて、あまりお話したくないが、桃色タンポポとキャンディタフトがダメになってしまった。
 連結ポットから黒ポットに移し、お陽さまが良くあたるように出窓のぎりぎり窓際に並べていたのが災いしたのだろうか?
 確かに水も不足気味だったのだが、ダメになり方が寒さでしみたような感じだったから、寒暖の差が激しかったのかもしれない。窓際って冷えるんだよね。

 桃色タンポポはそにーちゃんにわざわざ種を分けてもらったものだけに、残念で仕方がない。キャンディータフトはまだいくつか残ってるんだけど、どうなることやら。
 2月くらいになったらまた種まきをしよう。こんなこともあろうかと種は残しておいたから。

 連結ポットから移さないでいたファセリアとペチュニアは元気である。ということは黒ポットに移植したこと自体が、失敗だったのだろうか?
 そう考えると、いつまでも狭い連結ポットで過ごすことになりそうである。

 苗たちの一覧表もご覧ください。

  

 

 2002年11月 17日()

 


80日目のビビ・ブルーフェイス

 一昨日ブルーフェイスの1番花が咲いた。これもまたかわいい。期待に応えてくれるわ〜。

 種まきの日は同じなのにピンクシェードよりも2週間遅い開花。というかピンクシェードがひとつだけ早かったのかもしれない。

 ビオラだけでなくパンジーのストロベリー・トリコロールやナチュレにも続々小さなつぼみを発見。これなら年内に開花するんじゃないかな。

 

 10月末に蒔いたのは、来春の脇役に選んだ白の小花のキャンディタフト、自家採種のペチュニア・プリズムサンシャイン、桃色タンポポ、ファセリア、ニゲラの5種類。

 数日から1〜2週間で発芽したとても小さな双葉が日増しに大きくなり、本葉も覗かせるようになった。

 

 外はぐんと寒くなっている。
 温室のような室内出窓が置き場所なのだが、またしても種まき時期が2〜3週間遅かったと反省させられる生長の緩慢さだ。
 発芽率も半分くらいであり、育てるにはちょうどいい数であろう。

 いつも思うが、ファセリアは常に発芽率はいいのだが、すぐにひょろひょろと伸びてしまう。今度こそは、わたしの大好きな真っ青なお花をプランターにこんもり咲かせたいもの。

 popoちゃんから種まき苗をもらって3年育てたプリズムサンシャインは、木質化して恰好悪くなったので株の更新を図り自家採種した。
 無事発芽したので今咲いてる株は切り戻しもしないでいたのだが、「あれってF1(一代交配種・・・採った種から同じ花が咲くとは限らない)だったよ」と言われ、一瞬絶句してしまった。
 株の更新・・・できないかもしれない。

  

 苗たちの一覧表もご覧ください。

 

 2002年11月 4日()

 

 
67日目のビビ・ピンクシェード

 先週初めに1番花が咲いた。ほんのりピンクに染まったビオラが咲いた。
 パンジーのピンクシェードと同じ色合い。それがそのままビオラになったというかわいらしさ。

 平日に咲くと、「あ、咲いた!」と気づいて顔をのぞきにベランダに出るものの、時間がないのでそれはほんの数秒のこと。次の日は窓のこちら側から「あぁ、咲いてる」と視界のどこかでとらえるくらいだったりする。

 花が咲いたのはまだこれ1株。他にもつぼみが出始めているものがあるので、ビオラの年内開花は確実。
 でも株自体がとても小さいので、もっとしっかりした株になってもらいたい。

 同じ種類のビビ・ブルーフェイスはほんのりうどんこ病にかかってしまい、オルトランスプレーしたが、うどんこはおさまってきたものの葉っぱの何枚かが枯れてしまった。
 がんばって、早くかわいいお顔を見せてちょうだいね。と、我が子の誕生を待つ母親のような気持ちになったりして・・・。 

 徐々に緑の連結ポットから黒ポットに移植をしているが、黒ポットに入れるのを少しでも減らしたいので、一部はプランターやハンギングに直で定植していく。

 ストロベリー・トリコロールは色幅があるので、ほんとうは花に色を見てから寄せ植えしたかったのだが、そんなことはもうどうでもいい。

 まだこんなに小さいのだが、プランターに植えるとそれなりに大きく見えるのが不思議だ。

 南向きのベランダなのに、陽があたるスペースはもう半分以下となり、それも午後にはかなりかげってしまう。 今年は寒くなるのが早いみたいなので、今後の生長はますます緩慢になるだろう。パンジーの年内開花は無理かもしれない。

 種を蒔く時は「早く咲かなくってもいい。遅く咲けばそれだけ長く咲いてるもんね」なんて思っていたが、店先に立派なパンジー・ビオラが68円とか50円とかで売っているのを見ると、「早く咲かないかなー。うちのはまーだこんなにちっちゃい・・・」などと思ってしまうのだ。

  

 苗たちの一覧表もご覧ください。

 

 2002年10月12日()

 

 9月半ばにお弁当容器から緑の連結ポットに移植した苗たちは、数箇所あいている(消滅した)ところもあるけど、わりかし元気に育っている。

 ところが、去年はどうだったかなぁと2001年秋のページを読み返してみて、びっくりした。
 なんと9月下旬に黒ポットに移植してあり、10月22日にはけっこう大きな株になっているのだ。

 このところ気温が下がり気味で、生長具合を心配していたのだが、こりゃ、かなり遅れているじゃないか・・・。がぁ〜ん。


44日目のナチュレ・クリアレモン

 でも、いくらあせったとしても大きくなるわけではない。冷静に考えれば、去年は異様に生長がよかったのだから。ま、年内開花とならなくても別にいいじゃないか。一昨年よりはうまく育ってるんだから。

 と考えることにしたものの、園芸やさんやホームセンターにはかわいいパンジーやビオラの苗が出回り始めている。思わず買いそうになって目を伏せ通り過ぎるのが、かなりつらい。いつまでもつだろうか、ちょっと心配な今日この頃。
 とりあえず液肥をあげて、できるだけお陽さまにあてようっと。

  

 苗たちの一覧表もご覧ください。

 

 2002年9月10日()

 

 今までの経験上、あまり期待や手をかけすぎると植物たちがストレス負けしてしまうような気がするので、なるべく普通にふるまおうと思うのだが、種まきをすると種の動きが異常に気になるものである。

 種をまいたその日から、何度も容器に顔をつっこませるようにしてのぞいてしまう。見るのは朝晩、1日2回だけにしようなんてひとりで決めたりしているのだが、根っこがちょこっと出るとその数を数えるのがまたうれしいもの。


種をまいて10日後のナチュレ・クリアレモン

 そうこうしているうちに大勢様が太陽に向かって両手をパーにしてくっつけたみたいな双葉がひらいた。なんてかわいいんだろう。だから種まきって大好きなのである。

 たまたま見たテレビの園芸番組で、パンジーたちは双葉のうちに移植すると根っこがまだ短くいのでスルッと抜けてやりやすいと言っていたので、そうすることにする。
 まずは緑の連結ポットにひとつずつ移植。
 しかしこれがまた腰の痛くなる作業で、数も多くて飽きる飽きる。
 まだ、ストロベリー・トリコロールとビビ・ピンクシェード(36×2)しか移し終っていない。土がなくなってしまったので、ちょうどよかった。

 

 苗たちの一覧表もご覧ください。

 

 2002年8月29日()

 

 さあ、今年も種まきの時期がやってきた。
 今回はやけにやる気があり、ちょっとした苗やさんができるくらいの種を用意してある。
 ベランダで全部育てられるのかなんて、まるっきし考えていない無謀さはどうしたわけだろう。

 暑さはまだ厳しいが、クーラーの効いた室内(うさぎ飼育のため)で発芽管理するつもりなので、温度的には25℃以下だし大丈夫だろう。

 お弁当の容器やぶどうのパックに、普通の培養土を入れ、ちょうどよさそうなお肉とか入っていた発泡トレイを受け皿にして、タプタプに水を浸してぱらぱらと種をまく。

 一応年内開花が目標。去年はうまくいったので、今年も大丈夫と思っている。

 こうしてなんだか全く根拠も計画性もなく、今年の栽培ものがたりは始まった・・・。

  

 

注:表中の双葉の欄は発芽の日ではありません。
 

な ま え

種まき

双葉

育つ苗

一番花
パンジー ストロベリートリコロール

8/29


9/ 8

 
10/14         11/24


12/19
パンジー F1ナチュレ 
ブルー

8/29


9/ 8

 
   10/14         11/24   


12/17
パンジー F1ナチュレ 
クリアレモン

8/29


9/ 8

 
10/14         11/24


12/1
パンジー ブルーシンフォニー

8/29

 
 10/14         1/13 


3/30
ビオラ F1ビビ 
ピンクシェード

8/29


9/ 8

 
11/24


11/4
ビオラ F1ビビ
ブルーフェイス

8/29


9/ 8

 
 10/14         11/24 


11/17
ペチュニア プリズムサンシャイン

10/27


3/16


2/1
ファセリア ファセリア

10/26


3/16


3/30