2004年 5月

千鳥草が開花し始めたので、この2003年秋蒔きのページは終了となる。
記録としてはかなり中抜けの内容でお恥ずかしい限りである。
経過報告が乏しかったが、まとめにあたり、成果報告を盛大にしよう。(ただ画像を並べるだけだったりして・・・くすっ)

* * *

【パンジー】

職場用に育てたシェード系のミックス。
今回はハダニにたかられて苗の生長が思わしくなかったが、寄せ集めればこんなふうになかなか綺麗であった。

株の個体差で色の幅が出るので、自分好みのを選びたければ開花を待つしかないのが唯一の欠点かな?

毎年欠かせないパンジー&ビオラだが、うどん粉病やハダニなどに油断することなく、株を丈夫に充実させて育てるようにしようと思う。

 

【ビオラ】

2度目のF1ベビー ブルーアンドホワイト。
早めにハンギングに入れた方は順調に大きくなり、11月中旬には咲き始めた。
冬の間も少し葉の色が寒さで変わったものの、ずっと花が咲き続けた。
どういうわけか春に一番こんもりしている時の画像がない。


花期が長くて春にはちょっと力不足になった感があるが、十分に楽しませてくれた。
ほんとにかわいいお顔をしている。(笑)

 
4/25
こちらはベランダの手すり上部にかけてあるプランター2つ。
いっぱいいっぱい咲いている。

11/10

 

12/28


2/22

 

 

【ネモフィラ】

早い時期に深めのプランターに植え付けたものは、野菜のように育ち、ボリューム満点だったのが、花の数が増えるにつれてだらだらと伸びはじめ、とてもだらしなくなってしまった。
「あふれるように咲く」と言うけれど、文字どおりあふれてしまうとわたしの手にはおえなくなる。
満開の時はそれは素晴らしかったのだが、全体像がどうにも思うようにおさまらず、こんな画像しかなくてがっかりである。

 

【リムナンテス】

ファセリアより1ヶ月以上遅れて花を咲かせた。
お気に入りのたまごちゃん♪
見れば見るほど半分に切ったゆで卵のようであり、なんだか可笑しくなる。

はじめて見た人が「この花なんていうの?かわいいねぇ〜」と誉めてくれると、自分を誉められているようないい気分になってくるから不思議である。

最近ふと気が付いたのだが、リムナンテスは仙台の園芸店にはほとんどお目見えしない。
種まきして育てるなら、こういう手に入りにくいものを育てるのがいいと思う。

 

【ファセリア】

残り1株になっていたファセリアは、固い蕾でずっと冬を過ごし、春になると見事にたくさんの青い花をつけてくれた。
くどいようだが、これで1株である。

初めてこんな立派な株になり、コバルトブルーの花を次々と咲かせる力強さに感動で胸がいっぱいになる。
プランターの向こう半分にあと2株もあれば・・・なんてつい欲張りになってしまうのだけれど。

 

【千鳥草】

デルフィニウムの一年草ということで、秋のうちに深めのプランターに植えたものは、今1メートル以上にもなっている。実物の千鳥草を見たことがなかったので、どんなふうに育つかあまり考えなかったが・・・こんなに大きくなるものだったとは。

反して移植が面倒になっていつまでも緑の連結ポットに入れたままにしていた方は30センチ程度で、ひょろひょろしている。

こうも違いがでるなんて・・・やはり植物は適切にお世話をしなければならないのだ。

種まきは最初は意気込みがあるのに、途中で飽きてだんだんどうでもよくなっていくのは、管理する苗の数が異常に多いからではないだろうか?

今回の目標「パンジー・ビオラ以外の草花の育苗に力を入れる」は、蒔いた分の花4種は咲いたので良しとする(自分に甘いので)が、育ちを振り返ればとても合格点はもらえまい。

さてさて、じゃあ、今度は何を育てようかな・・・反省もそこそこに、新しいカタログをニヤニヤしながら見入る今日この頃である。

 

 

 苗たちの一覧表もご覧ください。

 

 

 2004年 2月 1日(日)

  


11/10の風景

たくさんの苗を育てるには狭すぎるスペースを、少しでも有効利用するために購入した育苗棚。
小さなビニール温室である。
ここだけ雰囲気が違う一郭になってしまった。

十分に陽があたるだろうと思っていたのに、2段目の奥や3段目はうまく日があたらない。
1週間ごとに置き場所を変えてやればいいと考えたが、そういうことってわりかし手間なんだよね。

しかもハダニが発生し始めたのに気が付きながら、面倒で知らん振りしていたために、パンジー・ビオラたちの葉が大きく展開しない。
そう知りながら、寒くなったらハダニもいなくなるんじゃないかと希望的観測のもと、さらに放って置いたら、やっぱりハダニの巣になっていた。

 
年が明けてから、いくらなんでもこれではと思い、流しで水洗いを試みる。
トレイごとキッチンの床に黒ポットをぶちまけるは、葉っぱが思うように洗えないのにポットの中は水でダボダボになるは、数が多くて嫌になっちゃうはでさんざんだった。

 
 

 
ファセリアはわたしが好きな青い花のなかでも一番のお気に入りである。
今までも種まきしたが、ひょろひょろ育つことが多く、うまくいった試しがなかった。
このワイルドっぽいシルバーがかった葉っぱと鮮やかなほんとのブルーのお花をプランターにこんもり咲かせてみたいというのが、わたしの目標だったりする。

今回は株をしっかり育てようと試みる。
発芽時にモヤシにならなかったのが最初の驚き。ちゃんとおひさまにあててやれば良かったのだ。
去年より種まきが1か月早いのが勝因だろう。いい調子であった。


ところが、プランターに定植してしばらく経つと、だんだん様子がおかしくなってきた。

確か8つくらい苗があったはずなのに、ひとつぐったりしひとつ葉っぱが枯れてきて・・・と、次々とダメになってしまったのだ。どうして?寒いの?

そうだ。ファセリアは過湿に弱いんだった。
思い出した時には、残りひとつになっていた。
他のものはよく水枯れをさせてしまうのに、ファセリアのプランターはなぜか水が多すぎたらしい。
ああ、がっくり・・・。


たった1株の生き残り、しっかり育ってます。蕾もあるんだよ。
 

 

 

 苗たちの一覧表もご覧ください。

 

 2003年10月12日(日)

 

 先月半ばにネモフィラ、ファセリア、千鳥草、リムナンテスの種まきをした。
 ネモフィラ、ファセリアはビオラを移植したあとのパックにばら蒔きし、千鳥草、リムナンテスは種が大きめだったので、連結ポットに2〜3粒ずつ蒔く。


千鳥草


リムナンテス


ネモフィラ


ファセリア

 発芽温度は20℃前後のものと、20℃以下のものとある。
 この時期、室内管理より外のほうが発芽後徒長しないでがっちり育つ。
 今まで春先に室内で育てていたファセリア。発芽後の首が長くなるのはしかたがないのかと思っていたら、今回外育ちにしたら短くしっかり双葉を広げている。(苗の数 8)
 千鳥草は最初室内に置いていたが、発芽が異常に遅く、ようやく出始めてから外に出したらどんどん発芽してきた。気温が低い方が発芽しやすかったのだろう。(苗の数 17)
 リムナンテスは発芽率が良くない。(苗の数 6)

 ビオラも外で発芽したものは全然ひょろひょろなんかじゃない。
 やっぱりお陽さまの力ってすごいと思う。

 しかし今後、寒さがくる前にどこまで株が大きくなるかは不安である。
 直射日光があたる特等席に置き、せっせと液肥やメネデールをかけることにしよう。

 

 連結ポットに移植後、ハダニがついたり、ちょっと水やりを怠ってしまい、ビオラとパンジーはいくつかの空きスペースができてしまった。
 そのせいかどうか、今年は早めに種まきしたというのに、生長が思わしくないのだ。
 たぶん、今年の異常気象が影響しているのだと思うが、園芸店に出回った苗を見るといつもの事ながらがっかりするのである。


9/19


10/13

 でも、ちっとも大きくならないと思っていても、こうやって比べてみるとちゃんと大きくなっているのがわかる。そろそろ黒ポットに移植してもよさそうである。

 今回育てているパンジー、ビオラの種類は少ないので、気に入った苗は控えめに購入してもいいことになっている。もう5株買っちゃった。

 

 

 苗たちの一覧表もご覧ください。

 

 2003年 9月10日(火)

 

 今回は他の草花に力を入れると決めた時点で、パンジー&ビオラへの情熱は半分以下になり、発芽してもほったらかしで、気がつくとかいわれみたいに首が長くなっていた。

 やばい。これではあまりにも気の抜きすぎだ。
 9月6日に連結ポット2枚(36×2)に移植。長い首をできるだけ土の中に埋め込んでやるが、根が下すぎないように気をつけなければならない。これからは根の張りが大事だからね。



発芽したパンジー 

 新しい種と、去年の種でも冷蔵庫に入れておいたものは発芽するが、一昨年以降の種で冷蔵庫に入れてなかったもの(ビオラ・ブラックジャック)は全く発芽しなかった。

 これから余り種は冷蔵庫保存をしよう。

 

 苗たちの一覧表もご覧ください。

 

 2003年 8月18日(月)

 

 去年の反省を踏まえて、パンジー&ビオラはお盆に種まきをする。
 天候がおかしく、真夏の日中の気温があまり上がらないのは、種まき日和といえるかもしれない。

 〈新しい種〉
 パンジー・アフタヌーンティーはシェードタイプ3種のブレンドだそうだ。これは職場用に育てている。
 ビオラのブルーアンドホワイトは以前育てたが、あの可愛さをもう一度である。

 〈去年の種〉
 プリンは去年そにーちゃんから分けてもらったもの。
 ビビ2種は去年の余り種。
 

 また今回はパンジー・ビオラ以外の草花の種まきに力を入れることを再確認。
 こちらは9月中旬頃の種まきを予定している。

 来年の春のテーマカラーは白と青(紫も含む)。
 ちょっと…いや、かなり地味な感じがするけれど。だからきっと他の色も選んじゃうだろうな。

 

注:表中の双葉の欄は発芽の日ではありません。
 

な ま え

種まき

双葉

育つ苗

一番花
パンジー

・F1パンジー
 アフタヌーンティー
 (シェードタイプのMIX)

・LR.プリン

8/18


8/31
 
10/13          12/28

12/13
ビオラ

・F1ベビー
 ブルーアンドホワイト

・F1ビビ ピンクシェード

・F1ビビ ブルーフェイス

8/18


 
 
10/13          12/28

11/ 1
ネモフィラ インシグニスブルー

9/19


10/13  本葉

12/28


2/22
ファセリア ブルーベル

9/19


10/13  本葉

11/10


4/10
千鳥草 ジャイアント インペリアリス混合

9/21


10/13

11/10


5月
リムナンテス リムナンテス 

9/21


10/13  本葉

12/28


5/ 2