2004年  春

今年春蒔きしたのは、オーソドックスなところを手堅くというか、リベンジというかなんというか・・・。
新しく購入した種の他にも、去年のかその前のか残ってた種も処分するつもりで蒔いてみた。

コスモス   (イエローキャンパス)
ナスタチウム(ピーチメルバ)
日々草   (ベラノピンクレッドアイ)
トレニア   (サイクロンmix)
ひまわり  (モネのひまわり)
アサガオ  (ヘブンリーブルー)
 〃    (フライングソーサー)
るこう草・・・自家採種

わたしが春蒔きすると、うまく育ったためしがない。どういうわけだろう?
発芽はまぁまぁいい。問題はそのあとだ。

春の花たちの世話でいっぱいいっぱいになっている時期、つい億劫になって水切れさせたり、梅雨に入ってジメジメが続いたりしてるうちに、ハダニやアブラムシ、うどん粉病などが発生し、だんだん手遅れになっていくのだ。

 発芽って大好き・しっかり育ってね ■

案の定、今年も木酢液でお世話をしたにもかかわらず、生長が思わしくなく、以前の失敗を繰り返す羽目に陥っている。
あ〜あ、なんでだろう。

もう、思い切って、どんなふうにうまくいかないかを記録してみようと思う。

 

■コスモス■

草丈が高くならないように芯を摘んで脇芽を出そうとしているところ。
以前コスモスのコンテナでの育て方に書いてあったので、これはこれでいいはずなんだけど。

ところが新しく展開するところにアブラムシがついた。
オルトラン粒剤をまいたり木酢液を霧吹きしたりして、虫はいなくなったものの、今度は水管理が悪いのか立ち枯れっぽくなってきた。
お願い、持ち直してくれ〜。        (7月19日→)



 

■ひまわり■

なんでだか知らないが、うちには「モネのひまわり」の種袋が3つもあって、そんなにこのひまわりが好きだったのかと自分でも驚いた。
そのわりにはどうもすくすくと育てられず、今年も去年と同じような経過をたどっている。下の葉っぱから枯れてくるというところが全く同じなのである。やはりひまわりは地植えでないと育たないのだろうか?
考えてみれば、プランターもその置き場所も去年と同じ。ううぅ。プランターが小さすぎるのか・・・今更もう遅い。

ひまわりの葉っぱにはハダニがつく。それで今年は木酢液のスプレーでこすり落としたのだが、虫はいなくなったようだが葉っぱの汚さがどうにも気になって・・・。

そんなだが、いよいよ中央に蕾が見え始めた。こうなったら葉っぱがなくなる前にお花を咲かせて欲しい。  (7月19日↓)
 

  

 

■アサガオ■

真っ青な西洋アサガオで真夏のベランダを飾りたいという夢を思い描くが、たかがアサガオされどアサガオなのである。何年か前にもチャレンジしたが、すっかりハダニの巣窟となりはてた。

そして今年もハダニである。ガ〜ン。

 

今回はヘブンリーブルーと以前残していたフライングソーサーという種(たぶん)を蒔いた。

ハダニはヘブンリーブルーのほうにつく。左の写真で上のほうに絡み合っているやつだ。

その足もとでまだツルがさほど伸びていないほうがフライングソーサー(たぶん)だが、こちらは葉っぱが毛羽立っているからなのか、単に目立たないだけなのかハダニの被害はなさそう。(右写真)

それにしてもこの支柱のいい加減さが栽培意欲の下降を物語っている。

 

 

■ナスタチウム■

前にナスタチウムを何種類か育てた時1番好きだったのが、このピーチメルバ。クリーム色にオレンジの模様がかわいいと思う。

ボール形のハンギングを作ろうと思ったとき、このナスタの大きなボールが見たいと思った。
大きく広がるはずだから、スリットの3分の2程度に苗を植え付けるように工夫もした。
摘心も2回して、脇から葉っぱをたくさん出すようにもした。

しかし、それなのに。
葉っぱが大きくならない。広がらない。葉っぱがだんだん黄色くなっちゃう。花も小さめだ。
あれ〜、なんでぇ。さっぱりボールにならないさ〜。ぷぅ。

何が悪いの?
もっと直射日光を当てなきゃダメ?水が足りない?肥料不足?

どうしてこうも思いどおりにならないんだよぉ。