2000年〜2001年
上の記事のほうが、日付が新しくなってます。

      

2001年10月22日(月)

 ああ、なんということだろう。前回が6月だなんて・・・。
 自分的にはこのページが気に入っているのだが、ネタがないのが悩みの種。

 でもね、何もしなかったわけじゃないよ。
 夏にウッドデッキのペンキ塗りをしたんだよ。
 ほらね!
 なんだかずいぶんこげ茶色になっちゃったんだけど(ペンキの色選ぶのって難しいよね)、シックでいい感じでしょ。

 この夏はわたしの園芸熱が下降していたのと比例して、植物たちはちっともいいところがなかったと思う。やっぱり心が伝わるのよね。
 そして植物がさえないからますます足が遠ざかってしまう・・・。
 そんな夏だった。

 この写真で見えるところはウッドデッキなんだけど、半分から東側はパネルの数がないということもあり、レンガで仕切ってコンクリートのままにしている。一応作業スペースのつもりなんだけど、どうも納得がいかない。だからそちらはいつもぐちゃぐちゃである。

 そろそろチューリップの球根を植え付けなければ。そうするとまたプランターがどんどん並ぶことになるだろう。ちび苗の数もおさえてるつもりなのに、じわじわと増えている。宿根草がなかなか減らない。

 また足の踏み場がなくなる・・・。
 





 

2001年 6月24日(日)

 すっかり梅雨に入って気持ちまでどんよりしがちだが、その原因は何と言ってもベランダにある。
 改装したいのに、さっぱりいいアイディアが浮かばないのだ。できの悪い手持ちの鉢が多すぎるからどうしようもない。どこにどう置いたって恰好悪いのだ。

 こうなったら終わりそうで終わらないものがちゃんと終わるまで、静かに待っていたほうがいいのかもしれない。梅雨のせいで腐ってダメになるものも出てくるかもしれない。その間、新しい苗を買ってしまうことのないように、園芸店に行かないことを約束をしよう。

 でも、植物以外のものは買ってもいい。たとえば・・・。

 どうにも陽あたりの悪いベランダだが、絶対に陽があたるフェンス上部を活用するため、
新しいプランターハンガーを買ってきた。ここにこの夏の主役となるナスタチウムのプランターを3つ並べる。これは◎。

 ウッドパネルにはペンキを塗ろうと思って、先々週ハケとペンキを買ってきた。しかし買っただけでもうやった気になり、実はまだ塗っていない。わたしにはありがちなことだ。
 誰かにお尻をひっぱたいてもらいたい。

 そんなわけで今はデッキなしのベランダだが、掃除はしやすい。というか、こんなに花がらとかこぼれ土とかあるものなんだと再確認する。ということは、デッキを敷くということにはゴミを隠す意味もあるわけか・・・。(えっ、違う?)

 ベランダで花がら摘みをしながら、わたしはいったいいつになったらお花を眺めながらお茶できるのかを考える。お花に囲まれながら優しい風に包まれる日を夢みている。






2001年 6月 5日(火)

 わたしは調査依頼なんかしなかったのに、急にベランダのコンクリートクラックの補修工事がはいることになった。内心、「げっ、やばい」と思った。ベランダにこんなに鉢を置いていることも、ジャージャー水やりしてることも大きな声で人様には言えないと思っていたからだ。

 それに、この前敷きなおしたばかり(というほどこの前でもないが)のウッドデッキやレンガチップをまた取り除かなければならないし、掃除もしなくちゃいけない。
 めんどくさいと思ったがやらなければならない。

 しかし、いいように考えてみよう。
 これはわたしが何とかしなくちゃと思っているくせに何もやらないでいるから、誰かがチャンスをくれたのだ。ベランダ改装のチャンスを!
 そうだ、やろう。立ち上がろう!

 さあ、ベランダの鉢はほとんど和室に隠した。ベランダは引っ越してきたばかりのようにさっぱりとなった。へえ、こういうベランダだったのね。

    
こちら側が主なガーデニングスペース            物干しスペースおよび室外機周辺








2001年 5月 5日(土)

 4月は忙しかった。
 恥ずかしいことだが、わたしはここのページを更新するたびに言い訳をしている。

 ハンギングを飾るためのラティスを買った。
 ベランダの右端と左端に、幅45cm高さ145cmで上部が丸くなっているやつを置いた。
 本当は高さが180cmのが欲しかったんだけど、幅が狭いのでそんな高さのあるやつは売っていなかったのだ。どこかで妥協しなければ先に進まないし、お手ごろな値段(\1280)だったこともあり、決心した。

 置いてみると、やはり低い。ハンギングは2個しかかけられない。でも・・・。
 倒れたときのことを考えると、このくらいのほうが安心かもしれない。もし大地震がきてラティスが倒れ、一番上のハンギングが階下に落下・・・なーんてことになったら大変じゃないか。 
 そう自分に言い聞かせ、納得することにする。

 ベランダは微妙に傾斜しているので、ラティスの足の下には半片(3cm)のレンガを置く。なんだかカッコ悪い。

 でもこれで、ハンギングの花たちは後ろ向きにならずにすむのだからいいとしよう。

 

 いつだったかベランダに出たら、本当に足の踏み場がなくなる一歩手前だった。 
 宿根草のせいでプランターの数が増えたし、今年は栽培中の黒ポットの数が多く、園芸屋さんで黒ポットが入ってる黒の苗ケース?が4つもあるし。
 その割に「これはできがいいぞ」という鉢が1個もないのはどういうわけだろう。

 ベランダの直射日光があたる限られた部分に、何を置くかって結構考えちゃう。

 今はパンジー・ビオラのプランター、いつもひょろひょろ伸びちゃうチェリーセージ、花盛りのオステオスペルマムの入った寄せ植えなんかが中央部に並ぶ。
 チューリップは咲いたら陽があたらないところのほうが長持ちするんだって。だからフェンスのラティス側。

  

 部屋側にはもう直射日光はあたらない。
 2年越しのブルーのストケシアと冬越しして生長中のデルフィニウム、そこが定位置のハゴロモジャスミン、スタンダード仕立てにしたゴールドクレストなどが主なところ。

 今回もまたお見せできるところのみのベランダ風景である。
 見えないところはごっちゃりと思っていただければいい。
 いつの日か全貌をお見せできればいいなと、自分のことながら思うのである。








2001年 3月25日(日)

 新年の誓いはなんだったのかと疑いたくなるが、ようやくベランダに出ても寒くない季節になったので、今度こそ更新しよう。

 昨日ウッドデッキをあげて大掃除をした。どこからわいたのかクモの巣やらこぼした土やら風で吹き込んできたものやら、げっと言うくらい汚かった。
 掃いて、水をまいてタワシでこすってまた水まいて、乾かして。
 デッキは汚れを取り除いてから、お風呂場でこすった。デッキは見違えるほどきれいになり色もはげたが、代わりにお風呂場が汚くなった。

 去年学んだように、プランターなどはすべて室内に移動した。
 リビングの半分が占拠された。恐るべき数・・・。黒ポットの苗も異常に多い。
 枯葉を取り除いたり剪定したりしながら、再びベランダへと置き場所を考えながら運ぶ。ガラッと斬新に模様替えをしようとも思ったが、なにせ、今の陽あたりはベランダ中央部1メートル幅くらいだから、そこに集中せざるを得ず、結局おんなじようなところへおさまっていった。

 フェンスのラティスははずしたいのだが、取ったら目隠しがなくなってしまうと思うと、どうしてもはずせない。休みの日はずっとベランダでうろうろしたりしゃがみこんだり、写真を撮る時なんてすごい格好をしてたりするし、見てる人はいないかもしれないけど、見られたら恥ずかしい。
 だからこのまま様子を見よう。なんだかんだいって、陽あたりより目隠しを選んでしまうわたしっていったい・・・。

 ハンギングは南向きに飾りたい。
 それには、どう考えても壁側にラティスを置くしかないと思う。その壁の幅は約50p。中途半端な幅である。ラティスの規格は60cm幅で、この前45cm幅のを見つけたがこれは高さが150cmだった。高さは180cm欲しい。
 こんな具合にうまくいかないことばかりで、ますます決心が鈍るのである。
 だが、ロベリアのハンギングがまるくなる前には用意しなければならない。う〜ん、どうしたものか・・・。誰かに決めて欲しい気持ちだ。

 実は昨日の大掃除は半分だけで、今日あと半分をやるはずだった。
 しかし、部屋に残っていた再生待ちの寄せ植え鉢などに余り苗を植え込んだりしているうちに、肌寒くなってきて作業は延期となった。
 来週も暖かいことを願う。しかし、来週はそういうことをしている余裕がないような気もする。








2001年 1月4日(木)

 思えばこのページをさっぱり更新していなかった。開かずの間とも言える。

 ほんとうはここでは、「こんなベランダなんです。こんなふうにしたいんです。でもできないの。」ってぐあいに、ベランダのことや園芸のことを書いていこうと思ったんだけど、わたしの考えることっていつも堂堂巡り的なとこがあって進歩ないんだよね。それでなかなか書くことがまとまらず・・・。
 他のページで手一杯だったというのも事実。

 でもこれからは気持ちを入れ替えて、「このページを充実させるぞ!」と新年に誓うのである。

 さて。
 季節が変わっても、ベランダへの想いと現実になんの変わりばえもなく、わたしがベランダに求めているものはいったいなんなのか自分でもわからなくなっている。

 マンションのベランダはやっぱり狭い。狭いのに、そのすべてが園芸に使えるわけではない。一応洗濯物を干すスペースをとらなくてはいけない。室外機の前は使えない。隣との境だって、何かあったときのために一応通れるようにしておかなくてはいけない。
 でも、最大の問題点は何と言っても陽あたりなのだ。

 陽あたり。
 うちは、南向きのマンションの7階。一日中陽がサンサンとあたっているのかと思ったら、全然違う。
 まず、季節によって陽のあたる場所が違う。たとえば秋はベランダの部屋側半分くらいが良く陽があたる。冬はもっと部屋の中のほう。夏はちょうどベランダの中央部分だけ。
 さらに、時間によっても変わってくる。上の階の屋根部分が影になって移動するからだ。
 (こんな説明でわかっていただけます?)

 だから、陽のあたるところを追いかけるようにして、わたしはプランターたちを移動させている。
今はサッシ側にぎっちりと鉢が並んでいる。もうお洒落に飾るどころではない。お陽さまがあたるところに置けるだけ置くのだ。

 ところで、ベランダのフェンスにラティスを取りつけている方にお尋ねしたいのだが、ラティスをつけると陽あたり悪くなりませんか?
 それにラティスにかけた壁掛け鉢の花たちって、反対方向(外側)に向かって伸びていきますよね、あたり前だけど。これってなんかカッコ悪くない?

 わたしはおととしの梅雨にラティスをつけ始めた。やっぱりウッドデッキ+ラティスという雰囲気が欲しかったのと、目隠しにいいだろうと思って。
 それはどちらも大成功なのだが、どうもラティス側のプランターたちには陽があたらないのだ。それでも夏は直射日光があたらなくて良かったりもしたのだが、夏以外の季節はラティスがなければもっと陽があたるのでは?と思い続けてきた。せっかく壁じゃなくて、フェンスになっているところなのに。

 でも、風が強くて鉢がひっくり返りそうな日は、「ラティスがあって良かったよお」と思うのである。
 堂堂巡りもいいところである。
 







   

2000年 5月 

 新しい春になったというのに、ベランダがいま三くらいしっくりこない。
 どんどん増える苗たちや、もう買わないと決めているのにちょこちょこと増えていく鉢たちでごちゃごちゃになっている。

 今年は今までの”育てる楽しみ”にプラスして、”ベランダをいかに飾るか”を考えていくつもり。
 それで、去年までは作業スペース確保のためコンクリートのままがいいと一部しか敷いていなかったウッドデッキを、8枚から17枚に増やした。
 とてもいい。なぜ去年こうしなかったんだろう。 きっと、大事にするものが時とともに変わるのだ。
 空いたところにはレンガのかけらを敷いた。よしよし、だいぶ良くなったぞ。

 陽当たりと花たちの配置も難しい問題。みなさんはどうしているんだろう。
 花たちに一番いいようにお陽さまに向けて置いてやると、ベランダの真ん中にプランターが並び、わたしは花たちの後ろ姿を見ることになる。昼間いないときはそれでもいいが、休みの日はこっちを向いてほしい。
 南向きのベランダといえども、陽当たりは時間がたつにつれて上の階の影が動いていくし、季節ごとに陽の当たる場所がどんどん変わっていく。それに合わせて花の置き場所を考えていくのだが、こう物が多いとそれも大変なのだ。
 やっぱりもっと整理して、管理できる範囲を超えないようにしないといけない。

 とにかく何とかしようと思うのだが、どこから手をつけたらいいかわからない。ただぼーっと立ちつくしたり、ベランダと部屋を無意味に往復してみたりするが、さっぱりらちがあかない。
 
そうだ!
 一旦全部を部屋に入れ、かっこよくおしゃれにおける物だけ置いてみればいいんだ。
 これってやってみたらすごくいい考え。
 そうそう、こんな感じ。

 5月に入ると、いつの間にか陽の当たる場所がフェンス寄りになり、部屋向きにプランターたちを配置しても大丈夫になってきた。

 こうして、掃除も済ませたベランダはとても綺麗になったのだが、いったいわたしは部屋に残った物たちをどうするつもりなんだろう。