2002〜2003年
上の記事のほうが、日付が新しくなってます。
2000〜2001年はこちらへ

 

2003年 5月 5日(月)

どうにも納得いかないベランダの風景 

 

未解決ゾーン


なぜかグリーンゾーン

 GWにはどっぷりと園芸に浸かり、素晴らしいベランダに生まれ変わるはずだったのに、どこも納得がいかないうちに最終日となってしまった。

 ウッドデッキやプラスチックパネル、バークチップやレンガチップをあげて掃除はした。プラスチックパネルをウッドデッキの下にも敷き詰めるため、24枚も追加した。
 チップを敷き詰める面積が広いと掃除が大変なので、ウッドデッキの範囲を広げたいが、このウッドパネル(45×45)は現在どこにも売ってないので追加ができない。
 しかたなく、鉢を置くスペースにはウッドデッキを敷かないことにしてみる。
 雰囲気を変えようと、敷き方も変えてみた。
 洗ったウッドパネルは、ペンキが剥げかけ、ずいぶんみすぼらしくなってしまった。パネルがきれいなうちにペンキを塗らなければならない。

 今現在お日さまがあたるゾーンはベランダ中央部分。窓側やフェンス側はほとんど日陰である。チューリップはもうそろそろ終わりだし、パンジーたちも茎が伸び始め、花が小さくなってきた。

 なんでこんなにあっちもこっちも変なのだろう。
 去年や一昨年のベランダを見てみると、同じように悩んではいるが、はるかにできがいいと思う。春爛漫である。
 今年はパンジー・ビオラで花いっぱいになったことはなったのだが、長く生き続けている宿根草たちがだんだん巨大化したり恰好悪くなったりみすぼらしくなったりして、挙句に株の更新をしようと種を採って苗を作ったペチュニアや金魚草の親もまだ生きてたりして、どうしたらいいかわからなくなっているものがいっぱいあるのだ。

 鉢を減らさなければ・・・。
 園芸に首まで浸かっていたいという裏腹で、いつしか園芸にとらわれる生活になりつつあるのでは・・・と感じたGW最終日である。

 

 

2002年10月12日(土)

 なんだかまたまたどうにかしたい病になっている。
 いつまでも中途半端なベランダ・・・なぜだろう?

 ひとつはわたしが頭でこうしようと思ったことをいつまでもやらないからだと思う。

 そう思って、ラティスとラティスの間に棒を立てた。
 これはベランダのフェンスの真ん中の支柱がわずかに斜めになっていて、両側にラティスを取り付けたとき真ん中に妙な隙間ができ、ものすごく気になっていたのを隠すためである。

 その棒はずいぶん前に買ってきてあった。棒の先が土に埋め込めるように鉛筆みたいに先細になっていたので、それを鋸で切ってしまいたかったのだが、うちには鋸がなかったのだ。ただそれだけのことで長い間ほおっておいた。

 結局ちょっと高さが揃わないが、切らないまま針金でくくりつけた。微妙なところだが、変な隙間があるよりなんぼかよくなった。  

 もうひとつは、植物がうまく育っていないからだと思う。

 どの鉢も中途半端な寄せ植えだったり、病気や虫でいい加減嫌になって切り戻したためにしょぼしょぼになってたり、暴れ放題の葉っぱばかりのものだったりだ。
 そして空(から)のプランターなんかが山積みになってたりもする。

 ああ、何もかもがどうにも恰好悪い。

 昨日買ってきたスモールガーデンの雑誌をめくりながら、今日もあれこれ考えては鉢を置き換えたりして、結局行き詰まってしまうのである。


大げさに描くとこうなっている。

  

2002年 7月21日(日

 これかもしれない・・・。

 7月20日、いつも行くちょっと遠い園芸屋さんにパンジー・ビオラの種を買いに行って、そんなテーブルとイスに巡りあった。

 とても迷った。これはわたしが思い描いていたのとは全然違う。テーブルなんて花台かと思ったくらいだ。
 でも、心がひっかかって仕方がない。どのくらいそこに突っ立っていたか、何度通り過ぎては戻ってきたか。

 気に入ったのは色と大きさ。
 こげ茶のウッドデッキに赤茶の木製は合わないような気がしていた。これならかなり地味だがこげ茶色、目立たずかわいい(こげ茶好き)。
 大きさは直径38cm、高さ54cm。邪魔にならず、ひとりでお茶するにはちょうどいい大きさに思える。スペイン製。

 どうしよう。値段はテーブルが7500円でイスは3500円。小さい割にはちょっと高い。
 しかしネットで見た天板が石で脚がアイアン製のかっこいいテーブルは3万くらいしていた。しかもあれは東京のお店に行かなければ買えない代物だ。
 どうしたらいいんだろう。ひとりで来たから相談する人もいない。

 こんなに悩んで買わなかったらすごく後悔しそうな気がした。失敗なら、いいや、花台にしよう。
 意を決心してお店の人を呼んで購入(こういう時に限ってお店の人はなかなか見つからなかった)。

 こうしてやってきたわたしのカフェテーブル。イスの名まえは「ウマ」である。

 お茶をするには暑すぎて、部屋の中で朝食をする。
 なんかテーブルがバランスが悪くて、寄りかかったら倒れてしまいそう。こりゃ、そのうち絶対倒すだろうな。

 

2002年 6月30日(日)

 今月はベランダあれこれを考える機会があり、とても心が揺れた。
 わたしにとってベランダ園芸ってなんなんだろうって、そんなたいそうなことじゃないけれども、大事にしてることってなんだっただろうって考えた。

 HPを開設したのも、もとはと言えばわたしのベランダ、わたしの育ててる花たちを見て欲しかったから。ネット上で通りすがりの人が、ベランダをのぞいて「きれいですね」って言ってくれたりしたら、うれしいなって思ったから。

 マンションに引っ越してきたばかりの頃は、ベランダは植物が育つこと、園芸作業をすることを優先した空間だったのが、きれいに飾って居心地のいい空間でゆっくりと時間を過ごしたいと思いはじめ、少しずつベランダづくりが始まった。
 小さなことをああでもないこうでもないと行ったり来たりしながら、どこまでもマイペースでやってきた。カメの歩みのごとく。

 わたしは植物を育てるのが好き。種まきも苗を育てるのも夏越しや冬越しに挑戦するのも、何度も枯らしたりうまくいかないことだって多いけど、植物の生命力に感動することがたくさんある。
 きれいに花が咲いているのはわずかな時間だけど、そこまで育つ時間がとても大切なことを知っているし、花が終わったあともまた次の花期までの大切な時間だ。

 お茶しようかと思うけど、何かかにか目に付いてすぐにカップを置いて、花がらを摘んだり枯葉を取ったりしてしまう。
 なかなかゆったりと午後のひとときを過ごすような素敵空間にはならないのだが、そんな試行錯誤だって楽しみながら、季節を重ねている。

 だから今のままでいい。何かのために用意するのではなく、わたしがしてきたことの延長線上にあって欲しい。

 今日のベランダもまた収まりの悪い、とっても中途半端なベランダである。
 いつになったら自分の育てた花でいっぱいのベランダで、のんびりとお茶ができるのだろう。

 まずは気に入ったカフェテーブルを購入しようと、家具屋さんめぐりやネットサーフィンをしている今日この頃である。

(自分の気持ちの整理をしたということを記録しておきたかっただけなので、何のことかよくわからない内容になってしまいました。ごめんなさい)

  



2002年 6月 2日(日

  ウッド&レンガチップゾーンは今のところそれほど汚くなってはいないので,現状維持のベランダであるが,春の花から初夏の花へと変わってきて季節の移ろいを感じる今日この頃である。

 お陽さまの光の通り道がベランダの中央部分になり,直射日光があたるところは限られている。
 だから壁際に置いてるものは一様に斜め20度くらいに傾いているし,フェンス際のものは揃って後ろ向きに咲いている。

 今はちょうどデルフィニウムとハゴロモジャスミンが揃って満開を迎え,その一角だけが大変ゴージャスになっている。
 足元にミニバラやブルーデージーも添えてみた。
 とっても満足。まぁ,毎年代わり映えしないっていっちゃあそうなんだけど,今年のデルフィは立派に咲いてくれたし,ジャスミンのにおいも今年はやわらかで心地よい。

 ひざにトレイをのっけて(テーブルがないから),朝食なんかとってみちゃった。なんだかとってもいい気分。



 



2002年 4月14日(日)

  春はいつも忙しかったり体調いまいちで、ベランダ作業どころではなく、せっかく咲いた花たちもよく見ないうちに終わっていたりする。

 今年はいつになく春の訪れが早かった。
 それなのに、3月の忙しい時期を過ぎたとたんに気が緩んだのか、はたまたストレスの限界だったのか、風邪をひいたと思ったら頭痛と肩こり痛が10日も続き、とうとうめまいまでするようになってしまった。
 2、3月には腰痛で仕事を休んだりもしたんだった。園芸をする気力がない・・・これはとても悲しい状況だった。
 でも病院で処方された薬のおかげで痛みはなくなり、めまいも倒れるほどひどいわけではない。
 そしてあちこちのホームセンターの「春の園芸フェア」なんて広告がばんばん入るようになると、もういてもたってもいられなくなった。

 まず最初にすることは、汚くなってごちゃごちゃなベランダをきれいにすること。
 それともうひとつ。コンクリートの床のままだった部分を何とかすること。
 昨日半日かけて、ない頭を絞り雑誌を見て自分はどんなふうにしたいのかを自問したり、材料をひとつずつ買ってきて試し置きしてみたりした。

 本当は枕木を使ってみたいところなのだが、結構太いし重いしで狭いベランダでは場所取りなのである。その分鉢の数を減らさなければならないが、今は1年のうちでも最多のプランター、鉢の数。

 で、今回は枕木なしで考えてみた。
 結局ウッドパネルを敷いたスペースは去年(下記)と同じ。一応パネルを上げて掃き掃除とパネルの拭き掃除をした。
 

 で、問題のこっち側スペース。
 まず下に水はけがよくなるようにジョイント床材(ほら、人工芝のパネルみたいなやつ)を18枚(×\198)敷いた。
 そしてテラコッタ平板30*30(1枚\480)を5枚飛び石風に置き、周りをレンガチップとバークチップを混ぜて敷き詰める。
 レンガを縦に並べて花壇風に囲う。

 と書けば簡単だが、ここまでくるのに何度も試行錯誤の連続。
 長い2日間だった。

 ところがこれを採用するにあたって、気がつかないふりをしていることがある。
 「掃除」だ。
 今まで小スペースにレンガチップを敷いた時だって、結構隙間に枯葉やゴミなんかがたまるのだ。それに室外機の手前まで通路のほとんどをこんなふうにしちゃって、しかも作業をするところ(ちょっとは土をこぼしてもいいところ)もなくなってしまった。

 だからこれは様子を見て、ダメなら早々に変えるかもしれないと本当は思っている。
 何事もやってみなくっちゃわかんないしね。